« ウェーバー、ワーグナーのオペラアリアを歌う/ヤノヴィッツ、ライトナー、ベルリンドイツオペラ管弦楽団 | トップページ | ストラヴィンスキー バレエ「火の鳥」/デイヴィス、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 »

2020年5月29日 (金)

プッチーニ:歌劇『ボエーム』歌唱:ドイツ語 ハイライト(西独初期盤LPレコード)

Dsc_0240_20200528155601

Img_20200528_0001

配役

ピラール・ローレンガー(ミミ)
シャーンドル・コンヤ(ロドルフォ)
リタ・シュトライヒ(ムゼッタ)
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(マルチェロ)
ホルスト・ギュンター(ショナール)他


ベルリン国立歌劇場管弦楽団&合唱団
アルベルト・エレーデ(指揮)
録音時期:1960年

ジャケット右下表記61年7月、フラット盤のLPレコード。ハイライトなので1枚。

ドイツのオーケストラではあるが、オペラが得意でイタリア系のアルベルト・エレーデが振っているがのでイタリア的な音楽になっている。しかし、配役の歌手陣が主としてドイツ系で固められていてドイツ語で歌われているので、かなり違和感がある。ピラール・ローレンガーは、「魔笛」のパミーナだったらとても魅力的だし、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウやリタ・シュトライヒも手放しで素晴らしいとは言い難い。そんな中でシャンドール・コンヤのロドルフォだけは良い感じだ。

音質は、1960年ごろの録音としては鮮明でかなり良い。しかし、プレスされてから60年を経過しているレコードなのでノイズが多い。お気に入りならば買い替えるのだが、その意欲がわかない。


にほんブログ村

 

|

« ウェーバー、ワーグナーのオペラアリアを歌う/ヤノヴィッツ、ライトナー、ベルリンドイツオペラ管弦楽団 | トップページ | ストラヴィンスキー バレエ「火の鳥」/デイヴィス、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウェーバー、ワーグナーのオペラアリアを歌う/ヤノヴィッツ、ライトナー、ベルリンドイツオペラ管弦楽団 | トップページ | ストラヴィンスキー バレエ「火の鳥」/デイヴィス、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 »