« slowfox/モニカ・ボーフォース | トップページ | R・シュトラウス 歌劇「カプリッチョ」全曲/エッシェンバッハ、ウィーン国立歌劇場、フレミング他 »

2020年5月 8日 (金)

バッハ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ/ミルシテイン(仏Capitol初期盤LP)

Dsc_0240_20200507145201 Img_20200507_0001

1950年代半ばにCapitolに録音されたナタン・ミルシテインの「バッハ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ」は、CDで聴いてもあまり感銘はないが、初期盤のLPレコードで聴くととても素晴らしい。しかし、英国盤は信じられないくらい高いし、米国盤はノイズが多いものが多くヴァイオリンの美しさはヨーロッパ盤に劣る。フランスCapitolはバラで発売していたので、最初、「ソナタ2番、パルティータ2番」のみを入手し、これは是非とも3枚揃えたいと思っていたが、フランスCapitol盤もかなりの値段する。安くて状態の良い中古盤はなかなか無く、「ソナタ1番、パルティータ1番」をリーズナブルな値段で入手したのはその8年後であった。さらに昨年、180g重量盤復刻の3枚組セットが発売され、それはこちらに書いた。

http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-4da8c6.html

そして、漸く「ソナタ3番、パルティータ3番」を入手した。「ソナタ3番、パルティータ3番」は、日本国内で見つけたのではなく、Discogsに登録していたデンマークのレコード屋で、昨今の新型コロナの影響で航空便が停止するわずか数日前に発送してもらうことが出来て、通常より数日遅れたのみで届いた。ちなみに、状態の良い3枚揃いのこの盤の日本の初期盤専門店の値段はべらぼうで、とても買える値段ではない。ヨーロッパからEMSの送料を払っても断然安い。決済はペイパル、評価の良いセラーを選び盤質評価の良いものから選択すればリスクは少ない。

このLPレコードより1週間遅れてヨーロッパで注文した別のLPレコードは発送停止中で、発送できるまで取り置きをお願いしているが、注文して1ヶ月以上経つが発送連絡はまだない。


にほんブログ村

|

« slowfox/モニカ・ボーフォース | トップページ | R・シュトラウス 歌劇「カプリッチョ」全曲/エッシェンバッハ、ウィーン国立歌劇場、フレミング他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« slowfox/モニカ・ボーフォース | トップページ | R・シュトラウス 歌劇「カプリッチョ」全曲/エッシェンバッハ、ウィーン国立歌劇場、フレミング他 »