« J.S.バッハ ブランデンブルク協奏曲/リヒター、ミュンヘン・バッハ管弦楽団(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | ブルックナー 交響曲 第8番/シューリヒト、ウィーンフィル(Testament Classics 180g重量盤LP2枚組) »

2020年7月 3日 (金)

ヤナーチェク シンフォニエッタ、ヒンデミット「画家マティス」他/アバド、ベルリン・フィル(EsotericSACD/CDハイブリッド盤)

Claudio-abbado-berliner-philharmoniker-j


レオシュ・ヤナーチェク
シンフォニエッタ

パウル・ヒンデミット
ウェーバーの主題による交響的変容
交響曲「画家マティス」

クラウディオ・アバド(指揮)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1987年(ヤナーチェク)
   1995年(ヒンデミット)

2020年6月10日発売のEsotericSACD/CDハイブリッド盤の1枚。ヤナーチェク シンフォニエッタは1987年の録音で、ヒンデミットの2曲は1995年の録音で、聴き比べるとヒンデミットの曲の方が音質が良い。全体的にしなやかでふくよかさを付加した感じで、アナログ時代の録音が好きな人には好感が持てるリマスターであると思う。しなやかさ美しさが際立った演奏がより引き立つような感じだと思う。ただし、初出のドイツ盤のCDよりも若干音が甘めなので、音質の評価は好みが分かれるかも知れない。


にほんブログ村

 

|

« J.S.バッハ ブランデンブルク協奏曲/リヒター、ミュンヘン・バッハ管弦楽団(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | ブルックナー 交響曲 第8番/シューリヒト、ウィーンフィル(Testament Classics 180g重量盤LP2枚組) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« J.S.バッハ ブランデンブルク協奏曲/リヒター、ミュンヘン・バッハ管弦楽団(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | ブルックナー 交響曲 第8番/シューリヒト、ウィーンフィル(Testament Classics 180g重量盤LP2枚組) »