« ヴェルディ 歌劇「椿姫」全曲/モリナーリ=プラデッリ、ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団 他 | トップページ | ビゼー 組曲「アルルの女」、カルメン組曲/クリュイタンス、パリ音楽院管弦楽団(Testament180g重量盤LP) »

2020年7月28日 (火)

レコードはまっすぐに あるプロデューサーの回顧録 ジョン・カルショウ著 山崎浩太郎訳(書籍)

Dsc_0240_20200728082801

これは、2005年に発刊された書籍で、英国DECCAのクラシック部門の名プロデューサーだったジョン・カルショウ(1924-1980)が自身の回想記として記したもの。

ジョン・カルショウがDECCAに就職する以前、彼が第二次世界大戦に従軍し、空軍の飛行機に搭乗していた事、豊富なクラシック音楽の知識やオペラへの造詣の深さは、専門に学んだものではなく、独学であった事などがわかる。さらには、今となっては伝説となった演奏家との触れ合い付き合いなどや、録音の企画や演奏者との契約やスケジュール調整など、録音時のエピソードなど、盛り沢山で、今となっては貴重な資料である。1950年代から1960年代の主要なDECCAのレコード制作に携わった人だが、その多くがいまだに名盤として生きていて、それらを愛聴盤にしている人なら一度、一通り読んでは如何と思う。

この書籍は廃版なので中古本でしか入手できないが、図書館には蔵書として置いているところも多い。検索をかけたら、私が住んでいる市の図書館にも2つの図書館に置いてある事がわかった。


にほんブログ村<

|

« ヴェルディ 歌劇「椿姫」全曲/モリナーリ=プラデッリ、ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団 他 | トップページ | ビゼー 組曲「アルルの女」、カルメン組曲/クリュイタンス、パリ音楽院管弦楽団(Testament180g重量盤LP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヴェルディ 歌劇「椿姫」全曲/モリナーリ=プラデッリ、ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団 他 | トップページ | ビゼー 組曲「アルルの女」、カルメン組曲/クリュイタンス、パリ音楽院管弦楽団(Testament180g重量盤LP) »