« アワ・マン・イン・ジャズ(Our Man In Jazz) / ソニー・ロリンズ(Classic Records HQ180gLPレコード) | トップページ | テナー・マッドネス/ソニー・ロリンズ DCC Compact Classics HQ180gLPレコード) »

2020年9月 1日 (火)

ナウズ・ザ・タイム/ソニー・ロリンズ(Classic Records HQ180g重量盤LPレコード)

Dsc_0240_20200831164201

Img_20200831_0001

曲目

SIDE 1
1 ナウズ・ザ・タイム
2 ブルーン・ブギ
3 アイ・リメンバー・クリフォード
4 52丁目のテーマ

SIDE 2
1 セント・トーマス
2 ラウンド・ミッドナイト
3 アフタヌーン・イン・パリ
4 フォア

演奏者
ナウズ・ザ・タイム、ラウンド・ミッドナイト、アフタヌーン・イン・パリ
ソニー・ロリンズ(ts)、ハービー・ハンコック(p)、ロン・カーター(b)、ロイ・マッカーディ(ds)

セント・トーマス
上からハービー・ハンコック(p)が抜ける

ブルーン・ブギ、アイ・リメンバー・クリフォード、フォア
ソニー・ロリンズ(ts)、ボブ・クランショウ(b)、ロイ・マッカーディ(ds)

52丁目のテーマ
上にサド・ジョーンズ(cor.)が加わる

初出:1964年

チャーリー・パーカーの名作ナウズ・ザ・タイムや、ソニー・ロリンズの代表作でサキソフォン・コロッサスにも収録されていた セント・トーマス が入っていて、若いハービー・ハンコックやロン・カーターが参加しているアルバムである。曲が短いものばかりだということもあり、口当たりが良く聴きやすい反面、のめり込むようなブリブリ感はあまり味わえない。

このLPレコードも1990年代半ば頃発売された高音質復刻盤で、マスタリングとカッティングはバーニー・グランドマン、プレスは米国RTI社で行われたもの。この盤もとても良い復刻盤である。


にほんブログ村<

|

« アワ・マン・イン・ジャズ(Our Man In Jazz) / ソニー・ロリンズ(Classic Records HQ180gLPレコード) | トップページ | テナー・マッドネス/ソニー・ロリンズ DCC Compact Classics HQ180gLPレコード) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アワ・マン・イン・ジャズ(Our Man In Jazz) / ソニー・ロリンズ(Classic Records HQ180gLPレコード) | トップページ | テナー・マッドネス/ソニー・ロリンズ DCC Compact Classics HQ180gLPレコード) »