« ベラフォンテ・シングス・ザ・ブルース/ハリー・ベラフォンテ(Classic Records180g重量盤LP) | トップページ | ラロ スペイン交響曲/ミルシテイン、オーマンディ、フィラデルフィア管弦楽団(3枚組SPレコード) »

2020年8月11日 (火)

ブラームス ヴァイオリン協奏曲/クライスラー、バルビローリ、ロンドン・フィル(5枚組SPレコード)

Dsc_0243_20200810171101

Img_20200810_0001

第1楽章 SIDE 1~SIDE 5

第2楽章 SIDE 6~SIDE 7

第3楽章 SIDE 8~SIDE 9(SIDE 10は、音溝はない)

録音:1936年

5枚9面のSPレコードのセット。叙情的で粘りのあるような表現のオーケストラ伴奏に甘美なロマンを感じさせるように弾かれる独奏ヴァイオリン、10年前の録音のブレッヒ盤よりも音質は数段良い。カデンツァは、もちろん演奏者のクライスラーのもの。今聴けるこの曲を演奏したCDだと、ほとんどがヨアヒムかクライスラーのカデンツァを採用している。

ニコニコ動画にこの音源の全曲があった。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm17505820p

現代の録音水準からすれば古いもので、あえてCDなどを買わなくても聴ける音源であるが、あえてSPレコードで聴く理由は、その当時のソフトで聴くことで、当時の人たちが聴いていたように聴けるからで、音楽がかかっている時は、タイムマシンで昔に戻れるから。

 


にほんブログ村<

|

« ベラフォンテ・シングス・ザ・ブルース/ハリー・ベラフォンテ(Classic Records180g重量盤LP) | トップページ | ラロ スペイン交響曲/ミルシテイン、オーマンディ、フィラデルフィア管弦楽団(3枚組SPレコード) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベラフォンテ・シングス・ザ・ブルース/ハリー・ベラフォンテ(Classic Records180g重量盤LP) | トップページ | ラロ スペイン交響曲/ミルシテイン、オーマンディ、フィラデルフィア管弦楽団(3枚組SPレコード) »