« ピエール・フルニエ:チェロリサイタル(ANALOGPHONIC 180g復刻LPレコード) | トップページ | R.シュトラウス 交響詩《英雄の生涯》交響詩《死と浄化》/カラヤン、ベルリン・フィル(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) »

2020年9月22日 (火)

シューマン、グリーグ ピアノ協奏曲/ブレンデル、アバド、ルプー、プレヴィン、ロンドン交響楽団(EsotericSACD/CDハイブリッド盤)

Alfred-brendel-radu-lupu-london-symphony

【曲目】
1-3 シューマン ピアノ協奏曲 
アルフレード・ブレンデル(ピアノ)
クラウディオ・アバド(指揮)ロンドン交響楽団
録音:1979年(旧Philips)

4-6 グリーグ ピアノ協奏曲
ラドゥ・ルプー(ピアノ)
アンドレ・プレヴィン(指揮)ロンドン交響楽団
録音:1973年(DECCA)
1970年代のアナログ後期~末期の録音。
ブレンデルのシューマンは、LPレコードではウェーバー ピアノ小協奏曲とカップリングされて発売され、ルプーのグリーグはシューマンのピアノ協奏曲とカップリングされて発売されていた。
ブレンデルの方は、実はシューマンよりもウェーバーの小協奏曲がお気に入りだったので、オリジナル通りのカップリングで出してもらいたかったのが本音である。LPレコードは先月こちらで紹介している。

http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2020/08/post-85620a.html

ルプーのグリーグはLP時代の名盤で、LPレコードでカップリングされていたシューマンよりもグリーグの方が良い演奏だし、何より当時からオーディオ的にも有名だった。キングレコードから発売されていたロンドン・ステレオ・ラボラトリー・シリーズから出ていた高音質盤のグリーグのピアノ協奏曲は、第1楽章の冒頭をCDが登場する前、当時行っていたオーディオショップで何度聴いたかわからない位、頻繁に視聴用として使われていたのを覚えている。

Philipsレーベルが消滅しDECCAレーベルに吸収されたので、今回のようなカップリングでSACD/CDハイブリッド盤が出たのだが、どちらも音質が良くて演奏も定評があるものなので、オーディオに重きを置くEsotericが出したのならそれはある意味妥当だろうと思われる。ブレンデルのシューマンはアナログ最後期のPhilips録音らしく鮮明でしなやか、そして空間表現に優れているのがよく分かる復刻である。ルプーのグリーグはそれより少し劣るがピアノが鮮明で、当時の音質の良いLPレコードを聴いた人にも納得出来る音質ではないかと感じた。


にほんブログ村

|

« ピエール・フルニエ:チェロリサイタル(ANALOGPHONIC 180g復刻LPレコード) | トップページ | R.シュトラウス 交響詩《英雄の生涯》交響詩《死と浄化》/カラヤン、ベルリン・フィル(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ピエール・フルニエ:チェロリサイタル(ANALOGPHONIC 180g復刻LPレコード) | トップページ | R.シュトラウス 交響詩《英雄の生涯》交響詩《死と浄化》/カラヤン、ベルリン・フィル(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) »