« PASSION 2 「レモントップスブギ・ウギ」 2Tr 38Cm/sミュージックテープ | トップページ | フィガロの結婚』 全曲、『ドン・ジョヴァンニ』 全曲、『コジ・ファン・トゥッテ』 全曲、他 フリッツ・ブッシュ&グラインドボーン音楽祭(9CD) »

2020年10月16日 (金)

モーツァルト「魔笛」全曲/ビーチャム、ベルリンフィル、他(英HMV ALP1273-5)

Dsc_0240_20201015165801

Img_20201015_0002

エルナ・ベルガー(ソプラノ)
ゲルハルト・ヒュッシュ(バリトン)
ティアナ・レムニッツ(ソプラノ)
ヘルゲ・ロスヴェンゲ (テノール)

トーマス・ビーチャム (指揮)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1937年,1938年

録音は、ナチス政権下の第二次世界大戦勃発直前のベルリンで、EMIはイギリスから指揮者のトーマス・ビーチャムを派遣して行われた。
これは史上初の「魔笛」の全曲盤である。レコードやCDを聴くと、とても活き活きとした音楽を形成していて、歌手は当時のドイツの名歌手を揃えて、その歌い方が大見得を切ったような古い感じでないところが良い。むしろ今聴いてもモダンな感じである。クレンペラー/フィルハーモニア管盤と同様、台詞がほとんど省略されている。

1950年代になって復刻されたこのLPレコードを聴くと、歌手の歌はかなり良好に聴こえるが、オーケストラの楽器の音色はSPレコード時代の復刻らしく古さは覆い隠しようがない。それでも、今でも名盤と呼ばれるだけの演奏の良さがある。そして、NAXOSが発売しているCDよりずっと良好な音質で聴ける。

トーマス・ビーチャムは、ビーチャム製薬(現:グラクソ・スミスクライン)の御曹司として裕福な家庭に生まれ、その私財をオペラやオーケストラに投入したりもした。この「魔笛」は、お金持ちのボンボンらしからぬ素晴らしい指揮である。合唱には、この当時はまだ無名だったエリザベート・シュワルツコップも加わっていたらしい。

私はオーディオに興味があって音質にはかなりこだわりがあるが、それでいて、こんな化石のような音源も聴く。古い音源をなぜ聴くのかという理由は、やはり音楽の良さというのは音質の是非よりも優先するから。

映画に例えるなら、自宅に良い画質、良い音質で観ることが出来るシアター・ルームが有ったとして、新しくて画質や音質の良い映画だけを観て、昔の白黒時代の名作を全く観ないのは大きな損失だというのと同じことであると思うからだ。


にほんブログ村

|

« PASSION 2 「レモントップスブギ・ウギ」 2Tr 38Cm/sミュージックテープ | トップページ | フィガロの結婚』 全曲、『ドン・ジョヴァンニ』 全曲、『コジ・ファン・トゥッテ』 全曲、他 フリッツ・ブッシュ&グラインドボーン音楽祭(9CD) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PASSION 2 「レモントップスブギ・ウギ」 2Tr 38Cm/sミュージックテープ | トップページ | フィガロの結婚』 全曲、『ドン・ジョヴァンニ』 全曲、『コジ・ファン・トゥッテ』 全曲、他 フリッツ・ブッシュ&グラインドボーン音楽祭(9CD) »