« レオンカヴァッロ「道化師」~衣装をつけろ フロトウ「マルタ」~夢のように/カルーソー(電気合成吹き込みSP盤) | トップページ | モーツァルト アイネ・クライネ・ナハトムジーク他/スイトナー、シュターツ・カペレ・ドレスデン »

2020年11月 6日 (金)

ヴェリズモ アリア集/パヴァロッティ

Dsc_0240_20201105175301

Img_20201105_0001

side 1
1.ジョルダーノ 歌劇「フェドーラ」~ 愛さずにはいられぬこの思い
2.ボーイト 歌劇「メフィストフェーレ」~ 野から牧場から
3.ボーイト 歌劇「メフィストフェーレ」~ 世の果てに近づいた
4.チレア 歌劇「アドリアーナ・ルクブルール」~ あなたの中に母の優しさとほほえみを
5.チレア 歌劇「アドリアーナ・ルクブルール」~ 心身ともにくたくたで
6.マスカーニ 歌劇「イリス」~ 窓を開けよ
7.マイアベーア 歌劇「アフリカの女」~ おお、パラダイス
8.マスネ 歌劇「ウェルテル」~ 春風よ、なぜ私をめざめさせるのか

side 2
1.ジョルダーノ 歌劇「アンドレア・シェニエ」~ ある日、青空をながめて *
2.ジョルダーノ 歌劇「アンドレア・シェニエ」~ 五月の晴れた日のように *
3.ジョルダーノ 歌劇「アンドレア・シェニエ」~ 私は兵士だった *
4.プッチーニ 歌劇「西部の娘」~ やがて来る自由の日
5.プッチーニ 歌劇「マノン・レスコー」~ 美しい人たちの中で
6.プッチーニ 歌劇「マノン・レスコー」~ 何とすばらしい美人
7.プッチーニ 歌劇「マノン・レスコー」~ ご覧ください、狂った僕を

ルチアーノ・バヴァロッティ(テノール)
*3曲のみ リッカルド・シャイー(指揮)
それ以外 オリヴィエロ・デ・ファブリティス(指揮)
ナショナルフィルハーモニー管弦楽団

1979年(デジタル録音)

LPレコードは1980年に発売されたオランダプレスの英DECCA盤。1980年頃から英DECCAは英国でのLPレコードのプレスを止めてオランダでプレスするようになった。CDは2007年発売の厚紙デジパック装丁のもの。なお、LPレコードには「ヴェリズモ アリア集」というタイトルは無かった。CD時代になってから付けられた。

9月にドキュメンターリー映画「パヴァロッティ 太陽のテノール」というのが上映されたので観た人も多いと思う。この映画を観てパヴァロッティのオペラ・アリア集を聴いてみるなら、これも候補の1つに挙げて欲しい。LPレコードでもCDでも持っているが、どちらでも充分に楽しめる。

全盛期に録音されたこのLPレコードやCDを聴くと、やっぱりパヴァロッティはとてつもない歌手だったとうならざるを得ない。最初の「愛さずにはいられぬこの思い」を聴いただけで、まさに、ブラヴォー!だ。そして聴き始めたら止まらない、一気に最後まで聴きたくなる。

ルチアーノ・パヴァロッティの全盛期は1970年代から1980年代の初め頃までで、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスらと3大テノールのコンサートをやっていた1990年代には、全盛期に比べてかなり衰えがあった。一番ごまかしがきかなかったのはソット・ヴォーチェで、そこそこ大きい声を張り上げる部分は良くても、弱音で歌う部分の美しさは全盛期と比べてしまうとかなり差がある。なので、パヴァロッティの真価を録音物で聴きたかったら、1970年代から1980年代の初め頃までに録音された歌劇全曲盤か、このようなオペラアリア集を聴いたほうが良い。


にほんブログ村

|

« レオンカヴァッロ「道化師」~衣装をつけろ フロトウ「マルタ」~夢のように/カルーソー(電気合成吹き込みSP盤) | トップページ | モーツァルト アイネ・クライネ・ナハトムジーク他/スイトナー、シュターツ・カペレ・ドレスデン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レオンカヴァッロ「道化師」~衣装をつけろ フロトウ「マルタ」~夢のように/カルーソー(電気合成吹き込みSP盤) | トップページ | モーツァルト アイネ・クライネ・ナハトムジーク他/スイトナー、シュターツ・カペレ・ドレスデン »