« モーツァルト クラリネット作品集/アルトマン、鈴木優人&SWR交響楽団他(SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | ブラームス チェロ・ソナタ第1番/ピアティゴルスキー、ルービンシュタイン(SP盤3枚組) »

2020年11月20日 (金)

モーツァルト フルート四重奏曲集/ベネット、グリュミオートリオ

Dsc_0240_20201119133501

Img_20201119_0001

SIDE 1
1. 第1番 ニ長調 K.285
2. 第4番 イ長調 K.298

SIDE 2
1. 第3番 ハ長調 K.Anh, 171(K.285b)
2. 第2番 ト長調 K.285a

ウィリアム・ベネット(フルート)
グリュミオー・トリオ
*アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)
*ジョルジュ・ヤンツェル(ヴィオラ)
*エヴァ・ツァコ(チェロ)
録音:1969年

当時、フランコ・ベルギー派の総帥のような存在だったアルテュール・グリュミオーは、グリュミオー・トリオを結成して室内楽の演奏にも熱心であったし、それ以外にもモーツァルトの曲の名演奏を沢山残した。

これは、英国のフルーティストのウィリアム・ベネットと組んで演奏したモーツァルトのフルート四重奏曲集である。ベネットのフルートは、若干、生真面目さを感じるが、グリュミオー・トリオはフルートに主役を譲り少し引いた感じでしなやかで美しいアンサンブルを聴かせてくれる。それが、全体として気品に満ちた演奏になっている。

50年以上前の録音であるが、このLPレコードを聴く限りにおいては、音質的にそれほど古さを感じない。


にほんブログ村

|

« モーツァルト クラリネット作品集/アルトマン、鈴木優人&SWR交響楽団他(SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | ブラームス チェロ・ソナタ第1番/ピアティゴルスキー、ルービンシュタイン(SP盤3枚組) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モーツァルト クラリネット作品集/アルトマン、鈴木優人&SWR交響楽団他(SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | ブラームス チェロ・ソナタ第1番/ピアティゴルスキー、ルービンシュタイン(SP盤3枚組) »