« レハール・ほほ笑みの国/アッカーマン、フィルハーモニア管弦楽団 他(33CX1114/5) | トップページ | ドヴォルザーク チェロ協奏曲 ブルッフ コル・ニドライ/カザルス »

2021年2月26日 (金)

グリーグ シューマン ピアノ協奏曲/リパッティ、フィルハーモニア管

Dsc_0240_20210225162501

Img_20210225_0001

SIDE 1
グリーグ ピアノ協奏曲  
ディヌ・リパッティ(ピアノ)
アルチェオ・ガリエラ(指揮)フィルハーモニア管弦楽団
録音:1947年(モノラル)

SIDE 2
シューマン ピアノ協奏曲 
ディヌ・リパッティ(ピアノ)
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)フィルハーモニア管弦楽団
録音:1948年(モノラル)

このLPレコードは1960年代の英国プレス。オリジナル盤ではない。オーディオ的には1940年代の録音であるのでそれなりの音質であるが、LPレコードならではの厚みがあって濃厚な音質がする。

グリーグとシューマンのピアノ協奏曲共に素晴らしい演奏で、技術と情熱が両立した稀に見る名演である。子供の頃にテレビで観たウルトラセブンの最終回に使われたクラシック曲が、シューマンのピアノ協奏曲という曲で、不治の病でわずか33歳で夭折したディヌ・リパッティの演奏(本LPレコードの演奏)だったというのを知ったのは大人になってからであった。

ウルトラセブンとシューマンのピアノ協奏曲イ短調


にほんブログ村

|

« レハール・ほほ笑みの国/アッカーマン、フィルハーモニア管弦楽団 他(33CX1114/5) | トップページ | ドヴォルザーク チェロ協奏曲 ブルッフ コル・ニドライ/カザルス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レハール・ほほ笑みの国/アッカーマン、フィルハーモニア管弦楽団 他(33CX1114/5) | トップページ | ドヴォルザーク チェロ協奏曲 ブルッフ コル・ニドライ/カザルス »