« ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集《四季》&協奏曲集《調和の幻想》 作品3から イムジチ(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | モーツァルト:歌劇「イドメネオ」/シュミット=イッセルシュテット、シュターツカペレ・ドレスデン(4枚組LP) »

2021年3月30日 (火)

R.シュトラウス アルプス交響曲、変容/カラヤン、ベルリンフィル(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤)

Strauss-eine-alpensinfonie

リヒャルト・シュトラウス
アルプス交響曲 作品 64
[1] 夜
[2] 日の出
[3] 登山
[4] 森にはいる
[5] 小川に沿って進む
[6] 滝
[7] 幻影
[8] お花畑
[9] 山の牧歌
[10] 林で道に迷う
[11] 氷河へ
[12] 危険な瞬間
[13] 頂上にて
[14] 見えるもの
[15] 霧が湧いてくる
[16] 太陽がかげりはじめる
[17] 悲歌
[18] 嵐の前の静けさ
[19] 雷雨と嵐、下山
[20] 日没
[21] エピローグ
[22] 夜

[23] 変容(メタモルフォーゼン) 23 の独奏弦楽器のための習作

デイヴィッド・ベル(オルガン)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン

録音:1980年(デジタル録音)

カラヤンは、リヒャルト・シュトラウスの音楽を得意としたが、晩年に録音されたこのアルプス交響曲は、細かいところまで洗練された美しさに磨きがかかり、そして雄大でダイナミックな演奏で圧倒される。通常CDでは気になった初期デジタル録音のザラつき感が気にならなくなり、スムーズで音場も広がっているし、平板な感じがない。リマスターは成功している。聴き比べれば、ニセレゾと揶揄できないと思う。

 


にほんブログ村

|

« ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集《四季》&協奏曲集《調和の幻想》 作品3から イムジチ(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | モーツァルト:歌劇「イドメネオ」/シュミット=イッセルシュテット、シュターツカペレ・ドレスデン(4枚組LP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集《四季》&協奏曲集《調和の幻想》 作品3から イムジチ(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | モーツァルト:歌劇「イドメネオ」/シュミット=イッセルシュテット、シュターツカペレ・ドレスデン(4枚組LP) »