« ハイドン 交響曲 第22番「哲学者」、第55番「校長先生」/マリナー、アカデミー室内管弦楽団 | トップページ | ロックンロール/ジョン・レノン(EMI100年記念限定180g重量盤LP) »

2021年4月13日 (火)

ショパン ピアノ曲集/サンソン・フランソワ(仏EMI 5枚組LPレコード)

Dsc_0240_20210412152101

Img_20210412_0001

ショパン ピアノ曲集

Face 1
即興曲 第1番
即興曲 第2番
即興曲 第3番
即興曲 遺作 Op.66
録音:1957年(モノラル)
バラード 第1番

Face 2
バラード 第2番
バラード 第3番
録音:1954年(モノラル)
バラード 第4番
録音:1955年(モノラル)

Face 3
スケルツォ 第1番
スケルツォ 第2番
スケルツォ 第3番

Face 4
スケルツォ 第4番
録音:1955年(モノラル)

アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ
ジョルジュ・ツィピーヌ(指揮)パリ音楽院管弦楽団
録音:1957年(モノラル)

Face 5
12のエチュード Op.10
No.1-No.12

Face 6
12のエチュード Op.25
No.1-No.12
録音:1958-59年(モノラル)

マズルカ集(全51曲)
Face 7
No.1-No.16

Face 8
No.17-No.27

Face 9
No.28-No.37

Face 10
No.38-No.51
録音:1956年(モノラル)

サンソン・フランソワ(ピアノ)

この5枚組のLPレコードセットは、1970年代後半にフランスで発売されたもの。音源はCDで聴けるものばかりだが、私の仏EMIのショパン全集のCDボックスだとモノラル時代の音源のものはかなり音質が悪い。LPレコードでも国内盤だとやはり音がぼやけた感じで良くない。このLPで聴くと、それがかなり聴きやすくピアノの音色が美しい。

サンソン・フランソワのショパンは、悪く言えばワインをひっかけて酔っ払った状態で弾いているような演奏だが、それでいてエレガントで美しく素晴らしいものだ。こういった演奏はサンソン・フランソワにしか弾けないものであり、独特の個性を宿し今も輝きを失わないものだと思う。


にほんブログ村

|

« ハイドン 交響曲 第22番「哲学者」、第55番「校長先生」/マリナー、アカデミー室内管弦楽団 | トップページ | ロックンロール/ジョン・レノン(EMI100年記念限定180g重量盤LP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハイドン 交響曲 第22番「哲学者」、第55番「校長先生」/マリナー、アカデミー室内管弦楽団 | トップページ | ロックンロール/ジョン・レノン(EMI100年記念限定180g重量盤LP) »