« ロッシーニ 歌劇 「イタリアのトルコ人」 全曲/シャイー、ミラノ・スカラ座、他 | トップページ | オーベール 歌劇「フラ・ディアボロ」全曲/スーストロ、モンテカルロフィル他 »

2021年4月30日 (金)

ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)/ザ・ビートルズ

Dsc_0240_20210429120601

左側 英国再発LP:シリアルナンバーなし 右側 国内盤LP:シリアルナンバー有り

Img_20210429_0002

Img_20210429_0001

ビートルズのホワイト・アルバムは、18歳頃買った国内盤とその後購入した英国再発盤を持っている。英国再発盤はデジタル・リマスター盤でCDが発売された頃に併売されていたものであり、初期盤のような価値はなくプレミアムは付かない。現在の私のオーディオシステムで聴くと、デジタル・リマスターの英国盤の方が東芝EMI盤よりもずっと良い音で聴ける。音質だけで言えば国内盤は解像度が悪い上にFレンジが狭く良くない。しかし、日本語のライナー・ノーツの情報は貴重で、これがあるから国内盤を一概に否定できない。

収録曲
Side 1
1.バック・イン・ザ・U.S.S.R.(Back In The U.S.S.R.)
2.ディア・プルーデンス(Dear Prudence)
3.グラス・オニオン(Glass Onion)
4.オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(Ob-La-Di, Ob-La-Da)
5.ワイルド・ハニー・パイ(Wild Honey Pie)
6.ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル(The Continuing Story Of Bungalow Bill)
7.ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス(While My Guitar Gently Weeps)
8.ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン(Happiness Is A Warm Gun)

Side 2
1.マーサ・マイ・ディア(Martha My Dear)
2.アイム・ソー・タイアード(I'm So Tired)
3.ブラックバード(Blackbird)
4.ピッギーズ(Piggies)
5.ロッキー・ラックーン(Rocky Raccoon)
6.ドント・パス・ミー・バイ(Don't Pass Me By)
7.ホワイ・ドント・ウィ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード(Why Don't We Do It In The Road?)
8.アイ・ウィル(I Will)
9.ジュリア(Julia)

Side 3
1.バースデイ(Birthday)
2.ヤー・ブルース(Yer Blues)
3.マザー・ネイチャーズ・サン(Mother Nature's Son)
4.エブリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー(Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey)
5.セクシー・セディー(Sexy Sadie)
6.ヘルター・スケルター(Helter Skelter)
7.ロング・ロング・ロング(Long, Long, Long)

Side 4
1.レボリューション1(Revolution 1)
2.ハニー・パイ(Honey Pie)
3.サボイ・トラッフル(Savoy Truffle)
4.クライ・ベイビー・クライ(隠しトラック「Can You Take Me Back?」)(Cry Baby Cry)
5.レボリューション9(Revolution 9)
6.グッド・ナイト(Good Night)

録音:1968年

LPレコード2枚組で30曲収録のアルバムであるが、30曲も入っているので、好きな曲、嫌いな曲がある。

好きな曲:ジョージ・ハリソンの作ったホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス、ジョン・レノンの作ったアイム・ソー・タイアード、ポール・マッカートニーの作ったバック・イン・ザ・U.S.S.R.などだ。

一番嫌いな曲:レボリューション9  これは音楽というよりもテープを繋いで作った前衛作品で、およそポップスに似つかない性格のもの。しかもしつこく長い。このような曲を収録した事はビートルズの幅広い音楽性や可能性を示唆するものだが、聴いていて感動するとか美しいとかかっこいいと思うようなものではない。

このアルバムから8トラック・マルチ・レコーダーが使われだして、おのおのの曲の作曲者が親分になりそれ以外のメンバーがサイドメンになるような感じにはっきりとなってきた。例えて言うなら球根が大きくなりすぎて株別れする前兆のようなものが如実に現れだしたのもこのアルバムからだ。

トータルで言って、個人的にビートルズの好きなアルバムのうちの間違いなくベスト3に入るもの。ただしベスト1ではない。


にほんブログ村

|

« ロッシーニ 歌劇 「イタリアのトルコ人」 全曲/シャイー、ミラノ・スカラ座、他 | トップページ | オーベール 歌劇「フラ・ディアボロ」全曲/スーストロ、モンテカルロフィル他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロッシーニ 歌劇 「イタリアのトルコ人」 全曲/シャイー、ミラノ・スカラ座、他 | トップページ | オーベール 歌劇「フラ・ディアボロ」全曲/スーストロ、モンテカルロフィル他 »