« ベートーヴェン 交響曲 第6番「田園」、シューベルト 未完成交響曲/ワルター、フィラデルフィア管弦楽団 | トップページ | ワーグナー 歌劇「タンホイザー」全曲/コンヴィチュニー、ベルリン国立歌劇場(Tower Records Definition Series 3SACD/CD) »

2021年5月28日 (金)

レハール 喜歌劇「メリー・ウィドウ」/マタチッチ、フィルハーモニア管、シュワルツコップ他(Tower Records Definition Series SACD/CD)

Img_20210527_0001

ハンナ・グラヴァリ(裕福な未亡人): エリーザベト・シュワルツコップ(ソプラノ)
ミルコ・ツェータ男爵: ヨーゼフ・クナップ(バリトン)
ヴァランシエンヌ(ツェータ男爵の妻): ハニー・シュテフェック(ソプラノ)
ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵: エバーハルト・ヴェヒター(バリトン)
カミーユ・ド・ロジョン(ヴァランシエンヌの愛人): ニコライ・ゲッダ(テノール)
カスカーダ子爵: クルト・エクィルツ(テノール)
ラウール・ド・サンブリオシュ: ハンス・シュトローバウアー(テノール)
ニェグシュ: フランツ・ベーハイム(テノール)
グリゼット達
ロロ: レスリー・ウッド
ドド: エイリッド・マクナップ
ジュジュ: クリスティン・パーカー
フルフル: ノーリン・ヴィレット
クロクロ: ドリーン・マーレイ
マルゴ: ローズマリー・フィリップス

フィルハーモニア管弦楽団・合唱団
ロヴロ・フォン・マタチッチ(指揮)

録音:1962年

2021年5月に発売になったTower Records Definition SeriesのSACD/CDハイブリッド盤。800組限定で、800組のうちの何番かシリアル番号が打ってある。この音源は80分弱の長さでぎりぎり1枚に纏められている。ステレオ録音初期の名盤であり、歌手が揃っていてとても楽しめるもの。英国プレスの2枚組のLPレコードも持っていているが、音質的には、かなり良いリマスターがなされていて、非常にしなやかな音質でザラつきやギラギラした感じを全く感じないので、LPレコードに比べてやっと音質的に不満のないデジタルコンテンツが出てきたという印象だ。SACD層だけでなくCD層もかなり良い音質になっており、SACDプレーヤーを持っていない人にもおすすめする。

メリー・ウィドウの全曲盤は、マタチッチ盤以外に、1950年代のモノラル録音のアッカーマン盤(EMI)、1970年代のカラヤン盤(D.G.)、1990年代のガーディナー盤(D.G.)も時々聴くが、歌手の水準の高さはマタチッチ盤が一つ抜けている感じがする。

Tower Records Definition SeriesのSACD/CDハイブリッド盤は、EsotericのSACD/CDハイブリッド盤とほぼ同じ手法で作られており、ハードカバーの装丁であり、さらにオペラに関しては日本語対訳が付くので資料的には対訳の無いEsotericより良い。


にほんブログ村

|

« ベートーヴェン 交響曲 第6番「田園」、シューベルト 未完成交響曲/ワルター、フィラデルフィア管弦楽団 | トップページ | ワーグナー 歌劇「タンホイザー」全曲/コンヴィチュニー、ベルリン国立歌劇場(Tower Records Definition Series 3SACD/CD) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベートーヴェン 交響曲 第6番「田園」、シューベルト 未完成交響曲/ワルター、フィラデルフィア管弦楽団 | トップページ | ワーグナー 歌劇「タンホイザー」全曲/コンヴィチュニー、ベルリン国立歌劇場(Tower Records Definition Series 3SACD/CD) »