« R.シュトラウス 交響詩『死と変容』『ドン・ファン』、ワーグナー ジークフリート牧歌/ワルター、ニューヨークフィル | トップページ | モーツァルト ソプラノ・オペラアリア集/スティーバー、ワルター、コロンビア交響楽団 »

2021年7月30日 (金)

モーツァルト 交響曲第40番、35番/ワルター、ニューヨーク・フィル

Img_20210729_0001

モーツァルト:交響曲第40番
モーツァルト:交響曲第35番『ハフナー』

ブルーノ・ワルター(指揮) ニューヨーク・フィルハーモニー

【録音】1953年
ブルーノ・ワルター: ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)の中の1枚。

モノラル録音ではあるが、1953年のテープ録音なので、かなり音質は良い。弦楽器、木管楽器の質感はsp盤の録音の時代より格段に良くなっている。そのため、ワルターの洗練された芸風がより聴き取りやすくなっている。リマスターの状態も良く低弦の肉厚感や空気感まで感じられる。

最晩年のコロンビア響とのステレオ録音のものより、この2つのモーツァルトの交響曲は優れた演奏だと思う。アンサンブルがきっちり統一されたように揃っており、演奏自体が引き締まってかつしなやかで優しさや慈しみまで感じられるような名演。


にほんブログ村

|

« R.シュトラウス 交響詩『死と変容』『ドン・ファン』、ワーグナー ジークフリート牧歌/ワルター、ニューヨークフィル | トップページ | モーツァルト ソプラノ・オペラアリア集/スティーバー、ワルター、コロンビア交響楽団 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。この77枚セットの音質には議論がありますが、個人的にモノラル盤のほうは、良好なものが多い思います。以前のLPやCDに比べて、音色の質感が伝わってきますし、低音が伸びて戸棚のガラスがビビったりすることにも驚きました。
そうなると、ベートーヴェンの4番やR=シュトラウスなどこれまで比較的特徴が弱いと感じられていた録音も、ワルターの丹念な音作りにあらためて気づかされるのです。リマスタリング、侮り難し。

投稿: yositaka | 2021年8月 1日 (日) 09時26分

yositaka さん 同感です。

私も、この77枚セットのモノラル盤はとても良くリマスターされていると感じています。ステレオ盤はSACDで全て買いましたが、モノラルはこのセットでないと纏まって聴くことができないので、とても貴重だと思いますし、音質が良くなっていることで新たな発見があります。

投稿: 黄金のアンコール | 2021年8月 1日 (日) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« R.シュトラウス 交響詩『死と変容』『ドン・ファン』、ワーグナー ジークフリート牧歌/ワルター、ニューヨークフィル | トップページ | モーツァルト ソプラノ・オペラアリア集/スティーバー、ワルター、コロンビア交響楽団 »