« ドヴォルザーク 交響曲 第4(8)番、バーバー 交響曲 第1番、他/ワルター、ニューヨークフィル | トップページ | ベートーヴェン 交響曲 第3番「英雄」/ワルター、ニューヨークフィル »

2021年7月 9日 (金)

マーラー 交響曲 第5番、他/ワルター、ニューヨークフィル 他

Img_20210708_0001

マーラー:交響曲第5番 【録音】1945年

ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団
ブルーノ・ワルター(指揮)

マーラー:歌曲集『若き日の歌』より 8曲【録音】1947年
「思い出」
「別離」
「もう会えない!」
「私は緑の野辺を楽しく歩いた」
「夏に小鳥はかわり」
「ハンスとグレーテ」
「春の朝」
「たくましい想像力」

デジ・ハルバン(ソプラノ)、ブルーノ・ワルター(ピアノ)

ブルーノ・ワルター: ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)の中の1枚。

交響曲 第5番は第二次大戦終結の年の録音。名演奏だと思う。ステレオ録音が無いので余計に貴重。マーラーの交響曲は録音が良ければ良いほど素晴らしいので、5番がステレオで残されていたら、と思うほど。音質は1945年というのが信じられない位良い。

デジ・ハルバンとの歌曲は終戦後まもなくの録音で、珍しいワルターのピアノ伴奏。ワルターのピアノは歌い手に寄り添いなかなか良い。この時代の録音としてはかなり良いもの。デジ・ハルバンは交響曲第4番の最終楽章も歌っていたし、ワルターが好んで起用したソプラノである。


にほんブログ村

|

« ドヴォルザーク 交響曲 第4(8)番、バーバー 交響曲 第1番、他/ワルター、ニューヨークフィル | トップページ | ベートーヴェン 交響曲 第3番「英雄」/ワルター、ニューヨークフィル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドヴォルザーク 交響曲 第4(8)番、バーバー 交響曲 第1番、他/ワルター、ニューヨークフィル | トップページ | ベートーヴェン 交響曲 第3番「英雄」/ワルター、ニューヨークフィル »