« シューマン 交響曲 第3番「ライン」、スメタナ 「モルダウ」/ワルター、ニューヨーク・フィル | トップページ | ドヴォルザーク 交響曲 第4(8)番、バーバー 交響曲 第1番、他/ワルター、ニューヨークフィル »

2021年7月 2日 (金)

シューベルト 交響曲第7(9)番「ザ・グレート」、ブラームス 運命の歌/ワルター、ニューヨーク・フィル他

Img_20210701_0001

シューベルト 交響曲第7(9)番「ザ・グレート」
ブルーノ・ワルター(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団 【録音】:1946年

ブラームス 運命の歌
ブルーノ・ワルター(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団
ウエストミンスター合唱団【録音】:1941年

ブルーノ・ワルター: ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)の中の1枚。

戦中、終戦直後のSP録音の復刻で、若干ノイズが入る部分もある。シューベルト 交響曲第7(9)番「ザ・グレート」の方は、コロンビア響とのステレオ録音と比べて引き締まっていておっとりした感じは無い。気力あふれる指揮ぶりで、名演だと思う。ブラームス 運命の歌は録音のせいか荒く聴こえるのが残念だが、集中力のある指揮で引っ張っているような感じ。
音質は、元の原盤の保存状態に左右されてしまうのだろう。他の同時期のものより若干劣るように思う。

 


にほんブログ村

|

« シューマン 交響曲 第3番「ライン」、スメタナ 「モルダウ」/ワルター、ニューヨーク・フィル | トップページ | ドヴォルザーク 交響曲 第4(8)番、バーバー 交響曲 第1番、他/ワルター、ニューヨークフィル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シューマン 交響曲 第3番「ライン」、スメタナ 「モルダウ」/ワルター、ニューヨーク・フィル | トップページ | ドヴォルザーク 交響曲 第4(8)番、バーバー 交響曲 第1番、他/ワルター、ニューヨークフィル »