« ブラームス 管弦楽曲集/ワルター、ニューヨーク・フィル | トップページ | モーツァルト 交響曲 25番、28番、29番/ワルター、コロンビア交響楽団 »

2021年8月31日 (火)

マーラー:交響曲第1番ニ長調『巨人』他/ワルター、ニューヨーク・フィル

Img_20210830_0001

マーラー:交響曲第1番ニ長調『巨人』【録音】1954年

ブルーノ・ワルター(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック

 

ブルックナー:テ・デウム     【録音】1953年

フランセス・イーンド(ソプラノ)
マーサ・リプトン(メゾ・ソプラノ)
デイヴィッド・ロイド(テノール)
マック・ハレル(バス)

ブルーノ・ワルター(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック 
ウェストミンスター合唱団

ブルーノ・ワルター: ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)の中の1枚。
ブルーノ・ワルターによるマーラー:交響曲第1番ニ長調『巨人』は、コロンビア交響楽団とのステレオ録音が素晴らしい名演であると思う。しかし、演奏内容はニューヨーク・フィルハーモニックとのモノラル録音も勝るとも劣らない。むしろ、オーケストラの統率はこちらの方が優れている。ただし、1954年のモノラル録音と1961年のステレオ録音の両者を比べると音質面でどうしても劣る。コロンビア交響楽団との『巨人』は、ワルターが残したステレオ録音の中でも音質の良さで上位にランクされると思うから尚更だ。ブルックナー:テ・デウムにはステレオ録音が無いので貴重な記録である。

音質に関しては、1953年、1954年のモノラル録音としては水準以上の音質で大変良いものだと思う。この音源は、ベートーヴェンやブラームスの交響曲のように新たにリマスターはなされていない。


にほんブログ村

|

« ブラームス 管弦楽曲集/ワルター、ニューヨーク・フィル | トップページ | モーツァルト 交響曲 25番、28番、29番/ワルター、コロンビア交響楽団 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブラームス 管弦楽曲集/ワルター、ニューヨーク・フィル | トップページ | モーツァルト 交響曲 25番、28番、29番/ワルター、コロンビア交響楽団 »