« ベートーヴェン 交響曲 第9番『合唱』/ワルター、ニューヨーク・フィル | トップページ | シューマン 女の愛と生涯、詩人の恋/レーマン、ワルター »

2021年8月10日 (火)

モーツァルト 『フィガロの結婚』からのアリア、コンサートアリア集/ロンドン、ワルター、コロンビア交響楽団

Img_20210809_0001

収録曲

モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』より「もし、踊りをなさりたければ」
モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』より「復讐、そう、復讐は」
モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』より「もう飛ぶまいぞこの蝶々」
モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』より「もう訴訟に勝っただと」
モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』より「すべて準備は整った」
モーツァルト:アリア『おお、娘よ、お前と別れる、今』K.513
モーツァルト:アリア『このうるわしい御手と瞳のために』K.612
モーツァルト:アリア『私は行きます、でもどこへ』K.583

ジョージ・ロンドン(バス・バリトン)、ブルーノ・ワルター(指揮)コロンビア交響楽団

【録音】1953年
ブルーノ・ワルター: ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)の中の1枚。
ジョージ・ロンドン(1920年-1985年)は、カナダ出身で主にアメリカで活躍したバス・バリトン歌手。声帯の故障などで歌手としての活動期間は長くはなかったが、DECCAなどに数多くの録音が残されている名歌手である。ワルターが指揮をしたこのモーツァルトのアリア集は、モノラル録音ではあるが演奏内容は素晴らしいと思う。

音質も1953年という年代を考えればかなり良く、リマスターが成功している。


にほんブログ村

|

« ベートーヴェン 交響曲 第9番『合唱』/ワルター、ニューヨーク・フィル | トップページ | シューマン 女の愛と生涯、詩人の恋/レーマン、ワルター »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベートーヴェン 交響曲 第9番『合唱』/ワルター、ニューヨーク・フィル | トップページ | シューマン 女の愛と生涯、詩人の恋/レーマン、ワルター »