« ヨハン・シュトラウス 管弦楽曲集/ワルター、コロンビア交響楽団他 | トップページ | ベートーヴェン 三重協奏曲、レオノーレ序曲第3番、『エグモント』序曲/ワルター、ニューヨーク・フィル、他 »

2021年9月28日 (火)

シューベルト ロザムンデ、交響曲第5番、ブラームス 二重協奏曲/ワルター、スターン、ローズ他

Img_20210927_0001

シューベルト
劇付随音楽『ロザムンデ』より「序曲」「バレエ音楽第2番」「第3幕間奏曲」
交響曲第5番

ブルーノ・ワルター(指揮)コロンビア交響楽団

【録音】1955年(モノラル)

 

ブラームス
ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲

アイザック・スターン(ヴァイオリン)
レナード・ローズ(チェロ)

ブルーノ・ワルター(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック

【録音】1954年(モノラル)

 

ブルーノ・ワルター: ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)の中の1枚。

シューベルトの劇付随音楽『ロザムンデ』からの音楽はステレオ録音が無いので貴重だ。シューベルト 交響曲第5番、交響曲第8番『未完成』、交響曲第9番『グレート』と共通するワルターならではの表現で、優しさや暖かさが有って親しみやすい。シューベルトの音楽の一つのあり方だと思う。交響曲第5番は、基本的に後のステレオ録音のものと共通する表現だ。

ブラームス 二重協奏曲は、ステレオ録音もあるが、ステレオ録音では独奏者が異なりジノ・フランチェスカッティ(ヴァイオリン)、ピエール・フルニエ(チェロ)で、甘さや気品を感じるものだが、アイザック・スターン(ヴァイオリン)、レナード・ローズ(チェロ)は、もっと堀が深く厳しい演奏なので、印象が相当に違う。

音質は、いずれの曲も1950年代半ばのモノラル録音のものとしては良く聴きやすい。全部で77分を超えている。


にほんブログ村

|

« ヨハン・シュトラウス 管弦楽曲集/ワルター、コロンビア交響楽団他 | トップページ | ベートーヴェン 三重協奏曲、レオノーレ序曲第3番、『エグモント』序曲/ワルター、ニューヨーク・フィル、他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヨハン・シュトラウス 管弦楽曲集/ワルター、コロンビア交響楽団他 | トップページ | ベートーヴェン 三重協奏曲、レオノーレ序曲第3番、『エグモント』序曲/ワルター、ニューヨーク・フィル、他 »