« モーツァルト:交響曲第41番『ジュピター』、第39番/ワルター、ニューヨーク・フィル | トップページ | シューベルト ロザムンデ、交響曲第5番、ブラームス 二重協奏曲/ワルター、スターン、ローズ他 »

2021年9月27日 (月)

ヨハン・シュトラウス 管弦楽曲集/ワルター、コロンビア交響楽団他

Img_20210923_0001

J.シュトラウス2世

皇帝円舞曲
喜歌劇『こうもり』序曲
ワルツ『ウィーン気質』
ワルツ『ウィーンの森の物語』
喜歌劇『ジプシー男爵』序曲
ワルツ『美しく青きドナウ』 

ブルーノ・ワルター(指揮)コロンビア交響楽団
【録音】1956年(モノラル)

皇帝円舞曲 

ブルーノ・ワルター(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック
【録音】1942年(モノラル)

ブルーノ・ワルター: ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)の中の1枚。

コロンビア交響楽団との6曲は、モノラル末期の録音ということもあり、かなり音質が良い上に、演奏も優美で格調が高い演奏。通常はBGM的に聴いてしまいがちだが、含蓄のある表現で今の指揮者には真似できない演奏だと感じる。これらの曲はステレオでは録音されなかった事もあり、記録としても貴重。モノラル録音だからと聴かないでいるのは大きな損失だ。録音はニューヨークで行われたので、この録音でのコロンビア交響楽団は、後のステレオ録音でのコロンビア交響楽団とは異なるオーケストラ団体である。

7曲目の皇帝円舞曲はワルターがナチスの迫害を恐れ米国に移住してきて間もない頃のもの。後の録音よりもいささかテンポが早く若々しさを感じる。


にほんブログ村

|

« モーツァルト:交響曲第41番『ジュピター』、第39番/ワルター、ニューヨーク・フィル | トップページ | シューベルト ロザムンデ、交響曲第5番、ブラームス 二重協奏曲/ワルター、スターン、ローズ他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モーツァルト:交響曲第41番『ジュピター』、第39番/ワルター、ニューヨーク・フィル | トップページ | シューベルト ロザムンデ、交響曲第5番、ブラームス 二重協奏曲/ワルター、スターン、ローズ他 »