« ベートーヴェン 三重協奏曲、レオノーレ序曲第3番、『エグモント』序曲/ワルター、ニューヨーク・フィル、他 | トップページ | ボロディン 交響曲 第2番/アンセルメ、スイス・ロマンド管弦楽団(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) »

2021年10月 5日 (火)

ショスタコーヴィチ 交響曲 第5番、第9番/ハイティンク(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤)

Bernard-haitink-royal-concertgebouw-orch

ショスタコーヴィチ 交響曲 第5番 【録音:1981年 デジタル】
ベルナルト・ハイティンク(指揮)ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

ショスタコーヴィチ 交響曲 第9番 【録音:1980年 デジタル】
ベルナルト・ハイティンク(指揮)ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

1970年代後半から1980年代にかけてDECCAに録音されたショスタコーヴィチの交響曲全集の中から第5番と第9番がカップリングされてSACD/CDハイブリッド盤として発売された。

演奏は、旧ソビエト連邦、ロシア以外の国で発売されたショスタコーヴィチの交響曲全集としてはとても評価の高いもので、第5番はショスタコーヴィチの証言の疑義のすぐ後に録音されたもの。第5番は様々な指揮者によって数多くの演奏がある中でそれほど良い演奏だとは思わないが、第9番の方は音質の良さもあってかなりスリリングな演奏である。

デジタル録音初期の音源をSACD化してもそれほど音質向上にならないという声もあるが、このディスクのSACD層の音質は、しなやかで木目の細かい音質に仕上がっていて、通常CDよりもかなり良い音質になっている。SACD化した意味はあると思う。実際に聴けば安易にニセレゾだと批判できない。


にほんブログ村

|

« ベートーヴェン 三重協奏曲、レオノーレ序曲第3番、『エグモント』序曲/ワルター、ニューヨーク・フィル、他 | トップページ | ボロディン 交響曲 第2番/アンセルメ、スイス・ロマンド管弦楽団(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベートーヴェン 三重協奏曲、レオノーレ序曲第3番、『エグモント』序曲/ワルター、ニューヨーク・フィル、他 | トップページ | ボロディン 交響曲 第2番/アンセルメ、スイス・ロマンド管弦楽団(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) »