« ボロディン 交響曲 第2番/アンセルメ、スイス・ロマンド管弦楽団(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | バッハ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番、イザイ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第4番、第3番/レビン(復刻180g重量盤LP TESTAMENT CLASSICS) »

2021年10月12日 (火)

シューベルト ピアノ・ソナタ第20番、第21番/ポリーニ(EsotericSACD/CDハイブリッド盤)

Maurizio-pollini-schubert-piano-sonatas-

シューベルト 
ピアノ・ソナタ第20番 【録音:1983年 デジタル】
ピアノ・ソナタ第21番 【録音:1987年 デジタル】

マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)

2021年9月に発売されたEsoteric SACD /CDハイブリッド盤の1枚。

演奏は素晴らしく、ポリーニの禁欲的で過剰な感情移入を避け知的なピアニズムがこの2曲の演奏の一つの在り方として昇華されたものだと思う。

シューベルト晩年のピアノソナタ集のうちの2曲がEsoteric SACD /CDハイブリッド盤として発売された。デジタル録音初期の時代のものであり、現在の最新録音の水準からすれば音質面で古さは否めない。また、録音年だけでなく録音場所が異なるので、第20番と第21番の音質傾向は異なる。録音時期が早い時期の第20番は、明快さやダイナミズムよりも会場の雰囲気を感じさせるよう。対して第21番では、ダイナミズムがより感じられる録音であり音質である。両者の音質の違いを違和感無いようにマスタリングされた意図を感じる。それによって本来よりも柔らかくしなやかで肉厚な表現にはなるが、反面、若干解像度が損なわれているように思う。


にほんブログ村

|

« ボロディン 交響曲 第2番/アンセルメ、スイス・ロマンド管弦楽団(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | バッハ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番、イザイ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第4番、第3番/レビン(復刻180g重量盤LP TESTAMENT CLASSICS) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボロディン 交響曲 第2番/アンセルメ、スイス・ロマンド管弦楽団(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | バッハ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番、イザイ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第4番、第3番/レビン(復刻180g重量盤LP TESTAMENT CLASSICS) »