« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月30日 (火)

ブラームス 交響曲全集/ザンデルリンク、シュターツカペレ・ドレスデン

Dsc_001

 

LPレコード

LP1 交響曲 第1番

LP2 交響曲 第2番 悲劇的序曲

LP3 交響曲 第3番 ハイドンの主題による変奏曲

LP4 交響曲 第4番

 

SACD/CD

Disc1 交響曲 第1番 悲劇的序曲

Disc2 交響曲 第2番 第3番

Disc3 交響曲 第4番 ハイドンの主題による変奏曲

クルト・ザンデルリンク(指揮)シュターツカペレ・ドレスデン

【録音:1971年~1972年】

クルト・ザンデルリンク(指揮)シュターツカペレ・ドレスデンによるブラームス 交響曲全集は、全集としては最もお気に入りのもので、特に第1番と悲劇的序曲はこれが最高だと思っている。やや遅めのテンポで全く間延びせず集中力があり、重厚で引き締まったオーケストラの響き、渋い弦楽器の音色がいかにもドイツ的であり、しかも音質が良く素晴らしい。クルト・ザンデルリンクはドイツの指揮者だが、ナチスが台頭してきた時代にスイスやアメリカなどの西側諸国ではなくソビエト連邦に亡命した。第二次大戦が終結した後も半ば拘束された形で1960年までソビエト連邦に留まっていた経歴を持つ人で、カラヤンのように有名な人では無かったが、職人肌の優れた指揮者だった。録音当時のシュターツカペレ・ドレスデンは、個人の能力としても技量の優れたメンバーが多数おりオーケストラとして完成度が高かった。本来ならオペラを演奏するオーケストラではあるが、ブラームスを振ってここまでの音楽を作り出す指揮者はそう多くはない。

手元には西ドイツプレスのeurodiscレーベルのLPレコードのセット2種とタワーレコードから出たSACD、輸入盤のRCAレーベルの通常CDがあるが、音質はLPレコードの方がSACDよりも良い。アナログ時代の録音のクラシックものはSACDと相性が良くSACDで発売されたものの中にはもうLPレコードでは聴かないだろうなと思われるような優れた復刻のものも多いが、このSACDに関しては音質はLPレコードに1歩も2歩も譲る。通常CDに至ってはLPレコードの音質を知っていればチャカチャカした弦の音が気になって1曲通して聴くことが出来ないほどである。

2種類のLPレコードはいずれも西ドイツのプレスだが製造年代が異なる。重ねて撮った写真で、ボックスの厚い方が初版で薄いのは1980年代の再発盤。

Dsc_0240_20211129142501

初版のLPレコードのレーベル これが、西側でのオリジナル盤

Img_20211129_0001

1980年代の再発盤のレーベル

Img_20211129_0002

初版と再発のLPレコード同士を聴き比べてみたが、初版はFレンジがやや狭いが中低域~中域が厚い音でびくともしないような感じ。だからといって再発LPが良くないわけではなくFレンジが広く各々の楽器の位置関係や広がりなどは再発盤の方がしっかりわかる。両者とも高音質で不満は出ない。SACDやCDとの一番の違いは弦楽器の質感と重厚感で、この音源に関しては是非ともLPレコードで聴きたい。この音源の東ドイツETERNAレーベルのLPレコードも聴いてみたい。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年11月26日 (金)

ビートルズ 1/ビートルズ(180g重量盤2LP)

Dsc_0240_20211125150101 Img_20211125_0001

side 1
ラヴ・ミー・ドゥ - Love Me Do (Andy White ver.) (モノラル)
フロム・ミー・トゥ・ユー - From Me to You (モノラル)
シー・ラヴズ・ユー - She Loves You (モノラル)
抱きしめたい - I Want to Hold Your Hand
キャント・バイ・ミー・ラヴ - Can't Buy Me Love
ア・ハード・デイズ・ナイト - A Hard Day's Night
アイ・フィール・ファイン - I Feel Fine
エイト・デイズ・ア・ウィーク - Eight Days a Week

side 2
涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) - Ticket to Ride
ヘルプ! - Help!
イエスタデイ - Yesterday
デイ・トリッパー - Day Tripper
恋を抱きしめよう - We Can Work It Out
ペイパーバック・ライター - Paperback Writer
イエロー・サブマリン - Yellow Submarine
エリナー・リグビー - Eleanor Rigby

side 3
ペニー・レイン - Penny Lane
愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ) - All You Need Is Love
ハロー・グッドバイ - Hello, Goodbye
レディ・マドンナ - Lady Madonna
ヘイ・ジュード - Hey Jude

side 4
ゲット・バック - Get Back (single ver.)
ジョンとヨーコのバラード - The Ballad of John and Yoko
サムシング - Something (Harrison)
カム・トゥゲザー - Come Together
レット・イット・ビー - Let It Be (single ver.)
ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード - The Long and Winding Road

ビートルズ1は、ビートルズがヒットチャートでNo.1を獲得した曲を集めて2000年に発売された編集盤。これは2015年にリマスターし直されて再発された2枚組のLP。

何でこのLPレコードを持っているのかというと、2016年のアナログ・オーディオ・フェアのTechnicsのブースで「ビートルズ1」のゲット・バック - Get Back がかけられて、それがかなり良い音質だったから。ビートルズってこんなに音が良かったのかと思わせるものだった。ちなみに、そこでかけられたLPレコードが、2000年に発売されたものなのか2015年発売のものなのかはわからない。そこで、その後、このLPレコードを手に入れたのだ。

昔の国内盤のLPレコードよりも全体的に解像度が高く良い音質になっていると思う。このアルバムは、再編集盤なのに世界でかなり売れて旧EMIのCD、レコードの売上げで1位らしい。ポスターとアート・カード封入されていて、昔の赤盤、青盤を彷彿させるものだと思う。音の温かみは昔の赤盤、青盤の方により感じられるが、このビートルズ1を聴いた後だとぼやけた音に聴こえる。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年11月23日 (火)

ラヴ・ソングス/ビートルズ (2枚組LPレコード)

Dsc_0240_20211122134401 Img_20211122_0001

DISC 1

A面
1.「イエスタデイ」(Yesterday)
2.「アイル・フォロー・ザ・サン」(I'll Follow The Sun)
3.「アイ・ニード・ユー」(I Need You)
4.「ガール」(Girl)
5.「イン・マイ・ライフ」(In My Life)
6.「ワーズ・オブ・ラヴ」(Words Of Love)
7. 「ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア」(Here, There And Everywhere)

B面
1.「サムシング」(Something)
2.「アンド・アイ・ラヴ・ハー」(And I Love Her)
3.「恋におちたら」(If I Fell)
4.「アイル・ビー・バック」(I'll Be Back)
5.「テル・ミー・ホワット・ユー・シー」(Tell Me What You See)
6.「イエス・イット・イズ」(Yes It Is)

DISC 2

C面
1.「ミッシェル」(Michelle)
2.「イッツ・オンリー・ラヴ」(It's Only Love)
3.「恋のアドバイス」(You're Going To Lose That Girl)
4.「エヴリー・リトル・シング」(Every Little Thing)
5.「フォー・ノー・ワン」(For No One)
6.「シーズ・リーヴィング・ホーム」(She's Leaving Home)

D面
1.「ロング・アンド・ワインディング・ロード」(The Long And Winding Road)
2.「ディス・ボーイ」(This Boy)
3.「ノーウェジアン・ウッド」(Norwegian Wood (This Bird Has Flown))
4.「悲しみはぶっとばせ」(You've Got To Hide Your Love Away)
5.「アイ・ウィル」(I Will)
6.「P.S.アイ・ラヴ・ユー」(P.S. I Love You)

30年以上ぶりに、ビートルズの「ラヴ・ソングス」という1970年代後半に出た再編集の2枚組のLPレコードを聴いた。ミッシェルという曲は、オリジナルアルバムの「ラバー・ソウル」よりもラヴ・ソングスの方が良い音質に聴こえると気づいた。

「ラヴ・ソングス」は、C面1曲目最外周部の片面15分弱で余裕あるカッティングであり、ラバー・ソウルではA面最内周部のカット。おまけにラヴ・ソングスでのカット幅の方が広い。

「ラヴ・ソングス」では再外周部にカットされていて線速度で有利な上にミックスをやり直しているようで、「ラバー・ソウル」のミッシェルでは右端から聴こえたポール・マッカートニーのボーカルが「ラヴ・ソングス」では中央やや右に定位し、左端から聞こえたギターがラヴ・ソングスでは中央やや左から聴こえて、全体的に音に厚みがある。

イエスタデイではどうかと、アルバム「ヘルプ!」のB面の最後から2番目に入っているイエスタデイとラヴ・ソングスのA面 1曲目のイエスタデイを比べてみた。

こちらも「ラヴ・ソングス」の方が良い。イエスタデイも「ラヴ・ソングス」では再外周部のカットである事に加え、リミックスされているのかヴォーカルが中央寄りに定位する。初期のステレオ盤での不自然さがかなり緩和されているし「ラヴ・ソングス」は静かな曲が多いため、カッティングレベルが高く切られている上に沢山の曲を詰め込む事をせず余裕を持ったカッティングがなされているから「ヘルプ!」よりも「ラヴ・ソングス」の方が音が良いのだと思われる。

ちなみに、「ラバー・ソウル」も「ヘルプ!」「ラヴ・ソングス」も国旗帯時代の国内盤のLPレコードで比較した。イエスタデイとかミッシェルのような曲が好きな人でアナログ盤の愛好家は、再編集盤だからと巷で評判の良くなくて中古実勢価格の安い「ラヴ・ソングス」もLPレコードで入手すべきであると思う。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年11月19日 (金)

ムソルグスキー 展覧会の絵 禿山の一夜/バーンスタイン、ニュー・ヨーク・フィル(180g重量盤LP)

Dsc_0246_20211118142801 Img_20211118_0001

モデスト・ムソルグスキー 
展覧会の絵(オーケストラ編曲:モーリス・ラベル)【録音:1958年】

禿山の一夜(オーケストラ編曲:ニコライ・リムスキー=コルサコフ)【録音:1965年】

レナード・バーンスタイン(指揮)ニュー・ヨーク・フィルハーモニー管弦楽団

演奏は熱血型の演奏で、「展覧会の絵」は同じ時期の録音のエルネスト・アンセルメ/スイス・ロマンド管弦楽団のような色彩感に溢れたものではない。しかし、若干一本調子ではあるが情熱的で若々しさに溢れていて、これはこれでなかなかの演奏だと思う。「禿山の一夜」も同様。

「展覧会の絵」は、1958年 ニュー・ヨークのセント・ジョージ・ホテルでのセッション録音。ステレオ録音の初期にアメリカ・コロンビア・レーベルはこのホテルのフロアでニュー・ヨーク・フィルの録音をしたことがあり、バーンスタインの指揮のものだとストラヴィンスキーの「春の祭典」、ブルーノ・ワルターの指揮では、シューベルトの「未完成交響曲」がここで行われた。名演奏、名録音の多い場所であった。

ERMITAGEという復刻レーベルが発売した180g重量盤のLPレコードだが、ステレオ録音のはずであるが左右の広がりが無くモノラルのように聴こえる。念のためプリアンプをモノラルモードにして聴いてみたが、ほとんど同様に聴こえるので、このLPレコードはモノラルか疑似モノラルであると判断した。「禿山の一夜」も同様に左右の広がりが無い。

そこで、「レナード・バーンスタイン・エディション」という80枚組CDボックスセットから、当該の音源を引っ張り出してきて聴いてみた。CDの方は左右に広がりがあり正しくステレオ録音である。また、このセットのこのCDはかなり音質が良く前後に厚みも感じられて、このLPレコードの音質を総合的に上回る。1枚あたり約250円のCDの方が音質が良いのであれば、わざわざ面倒なLPレコードを聴くのだからそれなりに音質が良いなどのメリットが無ければ存在意義はない。この180g重量盤のLPレコードで聴く意味はあるのだろうかと感じた。このレコードは早晩、中古盤屋行きである。

CDを購入した場合も音質の当たり外れはあるが、同一音源のものであれば大きな違いは無い。しかし、LPレコードの場合は、かなり違いがあり当たり外れは大きい。現在は、アナログレコード・ブームで新譜もかなりの数発売されるが、良いものもあれば良くないものもある。このLPレコードは盤質は良いが音質はさほど良いとは思えない。また、輸入盤だとものによっては新品なのにプレスが悪く最初から酷いノイズが乗っていたりするものもある。特にアメリカ・プレスのものに多い。

Img_20211118_0002


にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年11月16日 (火)

メンデルスゾーン、チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲/シュタインバッハー、デュトワ、スイス・ロマンド管弦楽団

Img_20211115_0001

メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲

アラベラ・美歩・シュタインバッハー(ヴァイオリン)
シャルル・デュトワ(指揮)スイス・ロマンド管弦楽団
【録音:2014年】


プロコフィエフが思いの外良かったので、メンデルスゾーン、チャイコフスキーはどうなのかと買ってみたSACD/CDハイブリッド盤。音質は、いつものペンタトーンらしいものでかなり高音質だ。


表情豊かに大きくテンポを変化させて演奏している。しかし、ゆっくり弾く部分は私には幾分間延びして聴こえる感じがした。これは、メンデルスゾーンもチャイコフスキーも同様。メンデルスゾーン、チャイコフスキーの協奏曲は、それこそ古今に沢山の名演奏があり、現代のヴァイオリニストがその中に割って入っていくのは大変だと思う。現代では録音が良くなっているので、聴こえる音質は過去の名盤より優れた部分が多い。しかし、過去の名演奏家には無い個性で、それらの名演奏に並び立つような演奏のものは、なかなか見つけるのが難しいように感じる。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年11月12日 (金)

プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲 第1番、第2番 他/シュタインバッハー、ペトレンコ、ロシア・ナショナル管弦楽団(SACD/CDハイブリッド盤)

Img_20211111_0001

プロコフィエフ
ヴァイオリン協奏曲 第1番
ヴァイオリン協奏曲 第2番
無伴奏ヴァイオリン・ソナタ

アラベラ・美歩・シュタインバッハー(ヴァイオリン)
ワシリー・ペトレンコ(指揮)ロシア・ナショナル管弦楽団
【録音:2012年】

ペンタトーン・レーベルから発売されているSACD/CDハイブリッド盤。プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲は、ダイヴィッド・オイストラフやナタン・ミルシテインのレコードを愛聴しているが、1番も2番も現代のヴァイオリニストに良い演奏が多い曲だと思う。第1番の独特のリズム感は、現代人の方がよく馴染んでいる気がする。また、第2番もしなやかさ、美しさと明晰な感じが出せないとなかなか良い演奏には聴こえない。シュタインバッハーのヴァイオリンはその点で不満はないし、ヴィルトォーゾ的な表現も聴ける。バックのオーケストラも不満はない。

音質は、しなやかさ、美しさ、音場の広がりなど21世紀の新しい録音のものであり、かなり良い。私はマルチチャンネルでは未聴だが、2チャンネル再生でも充分満足できる音質だと思う。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年11月 9日 (火)

ショパン ピアノ協奏曲 第一番 (第18回ショパンコンクールの日本人の演奏と愛聴盤)

先月、第18回ショパンコンクールがポーランドのワルシャワで行われた。一次~三次選考を通過して最終選考に残るだけでかなりの難関であるが、日本人が18人エントリーし最終選考の12人の中に2人が残り、2人共に入賞を果たした。過去には、中村紘子さんが4位、内田光子さんが2位など、入賞した日本人はみな有名な人ばかりだ。また、演奏がユーチューブで観ることができるのも良い時代になったと感じる。

反田恭平さんの演奏。素晴らしい! オーケストラがソリストに操られているように感じるほど。スタンディング・オベーションの観客がかなり居た。2位になるのも納得。

 

4位の小林愛実さんの演奏。弱音が美しく響く。特に第2楽章が良かったと思った。

 

ユーチューブで、ショパンコンクールを観たあと、自分の持つ愛聴盤を3枚ほど聴いてみた。

Dsc_0240_20211108151101

アルトゥール・ルービンシュタイン(ピアノ) 
スタニスラフ・スクロヴァチェフスキー(指揮)
ロンドン新交響楽団
【録音:1961年】
ルービンシュタイン74歳の時の演奏。ショパン弾きの権威の余裕綽綽の大家らしい演奏。
録音は古いけれど、録音はDECCAレーベルのチームが行い、レコーディング・エンジニアはケネス・ウィルキンソン。オリジナル盤という事もあり、この3つのレコードの中で一番鮮明で高音質。この3つのレコードの中で最もスタンダードな演奏。SACDでも持っていて、そちらもかなり音質が良い。

Dsc_0241_20211108151101

サンソン・フランソワ(ピアノ)
ルイ・フレモー(指揮)
モンテカルロ国立歌劇場交響楽団
【録音:1965年】
テンポが変化し、洒落た感じの演奏。個性が強く悪く言えばワインをひっかけて酔っぱらったような演奏。でも、数あるこの曲のレコードやCDの中で一番好きな演奏である。しかし、このテンポの変化の多い洒落た演奏が現代のショパンコンクールだったなら許されるだろうか?CDでも持っているが音質は良くない。このフランスEMIのLPレコードの方がずっと良い音質で聴ける。オリジナル盤は高価。これは1970年代後半のプレスのもの。

Dsc_0242_20211108151101

マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
ヴィトールド・ロヴィツキ(指揮)
ワルシャワ国立フィルハーモニー交響楽団
【録音:1965年】
1965年のショパンコンクールでのライヴ録音。極めて情熱的で炎のように燃えている演奏。ミスタッチもあり粗削りな所もあるがそんなのは気にならない。会場での聴衆を虜にしてしまった名演奏。後年、スタジオ録音された何れの演奏よりもアルゲリッチらしいもので唯一無二だ。このLPレコードは、1993年に限定プレスのLPレコードとして発売されたもの。それ以前に発売された同じLPレコードを持っていて聴き比べたが、このLPレコードの方が音質が良くかなりの差を感じた。

ショパン ピアノ協奏曲第一番は、ショパンの曲の中で一番有名なものだろうと思う。
いろいろな名ピアニストの演奏を聴くのも様々な解釈が楽しめて宜しい。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年11月 5日 (金)

アンプラグド/エリック・クラプトン(180g重量盤LP2枚組)

Dsc_0240_20211104142701

初出のアナログLP、180g重量盤LP2枚組、初出CDを一緒に写してみた。

 

Img_20211103_0001

180g重量盤LP2枚組のレーベル。

 

Img_20211103_0002

1992年発売初出LPレコードのレーベル。初出は1枚に収まっていて、収録曲がCDよりも1曲少なかった。

 

Dsc_0241_20211104142801

ジャケット裏の曲目  初出LPでは13曲だったものが2枚組なので余裕を持ったカッティングで、CDと同じ14曲になった。

初出盤は1992年の発売であるから30年近くも前のものだ。初出盤LPはドイツで極わずかプレスされただけな事もあって、中古店ではプレミアムが付いて新品で買った値段より中古盤の値段が高くなっている。

1990年代初め頃、ポピュラーやロックで、「アンプラグド」というのが流行った。UN PLUGGED つまり、ヴォーカルや楽器をマイクで集音するのみで、直接楽器からプラグでケーブルを繋いで演奏しないスタイルである。エリック・クラプトンはエレキギターではなくアコースティック・ギターのみを弾いて歌っているライブ録音。このちょっとブルースっぽいフォーク・ロックみたいなクラプトンのスタイルは多くの人に支持されて、現在も現役で発売され、人気の高い盤である。転落事故で亡くした幼い息子への思いを痛切に歌ったTears in Heavenという曲が特に素晴らしいと思う。ユーチューブに有ったので貼り付けてみる。

再発されて現在でも入手できる180g重量盤LP2枚組は、やや荒っぽい感じはあるが初出LPよりもギターやボーカルの鮮度が高い印象で、会場の騒音、観客の拍手などがよりリアルに聴き取れる。初出LPはしなやかで美しく細かい粒立ちの整った音質で、いずれのLPレコードもCDにはない魅力的な音質で楽しめる。

個人的には、180g重量盤2枚組の方が1曲多いこと、音の鮮度で上回る感じなので、どちらか一方を残すとしたら、再発の180g重量盤LP2枚組の方をとる。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年11月 2日 (火)

マーラー 交響曲9番 バーンスタイン ベルリンフィル (180g2枚組LPレコード)

Dsc_0240_20211101133701 Img_20211101_0001

マーラー 交響曲9番 レナード・バーンスタイン(指揮)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

LP1 SIDE A 第1楽章
LP1 SIDE B 第2楽章
LP2 SIDE A 第3楽章
LP2 SIDE B 第4楽章

【録音:1979年 ライブ録音(アナログ)】

2021年10月に、マーラー 交響曲9番 バーンスタイン ベルリンフィルの2枚組LPレコードが発売になった。この音源は、1979年のライヴ録音で、レナード・バーンスタインが一生に一度だけベルリン・フィルと共演した貴重な記録である。また、第四楽章で、トロンボーンのパートがそっくり抜け落ちているなど、ライヴ録音にありがちな傷もある。それでも白熱した素晴らしい演奏であり、後世に残したい名演奏である。CDの初出は1992年でアナログ・レコードでの発売は今回が初めてである。

演奏の評価は定まっていると思うので、このLPレコードの出来について書いてみたい。弦楽器だけで演奏される静かな部分の多い曲であるから、プレスの不出来によるノイズなどが入るのであれば大きな減点要素であるが、ノイズは極小で、かなりS/Nが良い。通常CDよりも美しさで勝り、LPレコードで発売された意義はあると思う。しかし、EsotericのSACD/CDハイブリッド盤のSACD層と比べると我が家ではEsoteric盤に軍配を挙げる。音の美しさではLPレコードの方が良いが、ダイナミックレンジの広さはEsoteric盤の方が良く大編成の交響曲らしい再生が出来る。

総合的にみて、音質的には、以下のような印象である。

Esoteric SACD/CDハイブリッド盤SACD層 > 2枚組180gLP(本盤)>> 初出ドイツプレスCD

Esoterc盤と初出ドイツ盤CDとの音質比較などについてはこちらにある。
http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/9esoteric-sacdc.html


にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »