« The Essential Billy Joel/Billy Joel (96kHz/24bit flac) | トップページ | J.S.バッハ 音楽の捧げもの リヒター他 »

2021年12月14日 (火)

passione(情熱のラヴ・ソング) / アンドレア・ボチェッリ(180g重量盤LP2枚組)

Dsc_0241_20211213143101 Img_20211213_0001

LP 1
SIDE A
1.ペルフィディア (愛の裏切り)
2.ローマよ、今夜はふざけないで
3シャンパーン

SIDE B
1.アネマ・エ・コーレ
2.キサス・キサス・キサス (with ジェニファー・ロペス)
3.すべては予想されたこと
4.トリステーザ

LP 2
SIDE C
1.バラ色の人生 (duet with エディット・ピアフ)
2.コルコヴァード (duet with ネリー・ファータド)
3.故郷の九月
4.ポルトフィーノの恋

SIDE D
1.イパネマの娘
2.マラフェンメナ (悪い女)
3.ラヴ・ミー・テンダー

【発売:2013年】

これは、中古レコード屋で見つけた新古盤で、未開封新品だった。なぜ買ったのかは、安かった事に加えORG(ORIGNAL RECORDINGS GROUP)が手がけたもので、アナログLPへのマスタリングとカッティングがバーニー・グランドマンがやっており、プレスも高音質なLPレコードを製造できる米国RTI社であることで、通常のCDよりも明らかに音質が良さそうだったから。
シールドされたビニールにこのようなステッカーが貼ってあった。
Img_20211213_0002

アンドレア・ボチェッリは盲目のテノール歌手で、オペラも歌うのだが一番得意にしているのはクラシックとポップスのクロスオーバーみたいなものでポップス歌手だと思う。このアルバムでは、イタリアのカンツォーネ、フランスのシャンソン、ボサノヴァ、ポップスで、ほとんどが情熱的なラブソングである。アレンジも良く、また曲によってはデュエットのものもあり、中でも「バラ色の人生」では半世紀以上昔のエディット・ピアフとデュエットするなど、注目を浴びるようなものも入っている。なお、国内盤CDに入っているボーナストラック曲は、このLPレコードには収録されていない。

実際に聴いた印象はポップスの口当たりの良さがあり、ボチェッリの甘い声が楽しめるアルバムであった。各面が15分以内と余裕のあるカッティングである事もあって音質はとても良い。また、アナログLPならではの音質になるようなマスタリング、カッティングであり、満足度は高かった。


にほんブログ村

|

« The Essential Billy Joel/Billy Joel (96kHz/24bit flac) | トップページ | J.S.バッハ 音楽の捧げもの リヒター他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« The Essential Billy Joel/Billy Joel (96kHz/24bit flac) | トップページ | J.S.バッハ 音楽の捧げもの リヒター他 »