« 遥かなる影/カーペンターズ (180g重量盤LP) | トップページ | F.クープラン:「諸国の人々」/サヴァール、エスペリオンXX(SACD/CDハイブリッド盤) »

2022年1月25日 (火)

ロシアン・ヴァイオリン・コンチェルト/フィッシャー、クライツベルク、ロシア・ナショナル管弦楽団(SACD/CD)

Yakov-kreizberg-julia-fi-russian-violin-

アラム・ハチャトゥリアン ヴァイオリン協奏曲
セルゲイ・プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲
アレクサンドル・グラズノフ ヴァイオリン協奏曲
ユリア・フィッシャー(ヴァイオリン)
ヤコフ・クライツベルク(指揮)ロシア・ナショナル管弦楽団
【録音:2004年】

ユリア・フィッシャーのイザイ 6つの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ集のLPレコードがとても良かったので、彼女の録音を改めて聴き直している。この録音は、ユリア・フィッシャーが21歳の時のもので、彼女のデビュー盤でもある。また、指揮のヤコフ・クライツベルクは2011年に癌のためにすでに他界している。

若いのに、鮮烈で情熱的、そしてスケールの大きな演奏をするヴァイオリニストで、もうすでにこの年令で技術的にも芸術的にも高度な演奏をしていた事がよくわかる。

音質は、CD層を聴くと若干賑やかな感じがしてあまり良い音質だとは思わないが、SACD層はしなやかで美しい。ダイナミックレンジも広く20年近く前の録音としてはかなり良い方だと感じた。

PENTATONEのSACDは順次廃盤になっているものが多く、このディスクもそのうちに廃盤になってしまうと思うが、直輸入盤なら今ならかなり安い。SACDを聴ける環境があって、このディスクが気になる方は拾っておく事をお薦めする。この音源は、アナログLPレコードも限定盤で発売されているが、高価なので手を出していない。


にほんブログ村

|

« 遥かなる影/カーペンターズ (180g重量盤LP) | トップページ | F.クープラン:「諸国の人々」/サヴァール、エスペリオンXX(SACD/CDハイブリッド盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遥かなる影/カーペンターズ (180g重量盤LP) | トップページ | F.クープラン:「諸国の人々」/サヴァール、エスペリオンXX(SACD/CDハイブリッド盤) »