« チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番、スラヴ行進曲、ロミオとジュリエット、1812年/、アルゲリッチ、アバド、ベルリン・フィル(EsotericSACD/CD) | トップページ | J.S.バッハ 平均律クラヴィーア曲集全巻/リヒテル »

2022年1月 4日 (火)

交響曲による遺言~モーツァルト: 交響曲第39番、第40番、第41番他/サヴァール、ル・コンセール・デ・ナシオン(SACD/CD2枚組)

Jordi-savall-mozart-symphonyno394041

Disc 1
交響曲 第39番
交響曲 第40番
フリーメーソンのための葬送行進曲

Disc 2
交響曲 第40番
交響曲 第41番

ジョルディ・サヴァール(指揮)
ル・コンセール・デ・ナシオン
【録音:2017年、2018年】

ジョルディ・サヴァールの専用レーベルであるALIA VOXからの1組。このセットは2枚組で、そのどちらにも交響曲 第40番が入っているが、全く同一の録音である。第39番~41番までの3曲の交響曲がわずか2ヶ月足らずで作曲され、その後、モーツァルトが亡くなるまで交響曲が作曲される事は無かった。指揮者のジョルディ・サヴァールは「交響曲による遺言」と名付け、通して聴くことで新しい発見があるというメッセージを込めたものだと思う。

演奏は、古楽器によるもので繰り返しは省略されずきちんと演奏されているが、飽きたり長過ぎると感じることは無い。サヴァールらのベートーヴェンの第1番~5番の演奏と同じように、ティンパニのリズム感と管楽器の折り重なりが見えるような音楽作りであり、聴き慣れたモーツァルト最後の3曲の交響曲に新たな発見がある、快活であり、粗野になる一歩手前の新鮮な演奏である。

音質は素晴らしく極めて良い。SACD層の音質は極上で、緻密であり厚みがあってエネルギッシュに聴こえる。

もうすぐ、ベートーヴェンの第6番~第9番までが発売される。期待して待つことにしよう。


にほんブログ村

|

« チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番、スラヴ行進曲、ロミオとジュリエット、1812年/、アルゲリッチ、アバド、ベルリン・フィル(EsotericSACD/CD) | トップページ | J.S.バッハ 平均律クラヴィーア曲集全巻/リヒテル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番、スラヴ行進曲、ロミオとジュリエット、1812年/、アルゲリッチ、アバド、ベルリン・フィル(EsotericSACD/CD) | トップページ | J.S.バッハ 平均律クラヴィーア曲集全巻/リヒテル »