« シューベルト セレナーデ、僕の挨拶を/シュルスヌス(SP盤) | トップページ | ハチャトゥリアン:ヴァイオリン協奏曲/イーゴリ・オイストラフ、グーセンス、フィルハーモニア管(初期盤LP) »

2022年3月 4日 (金)

プッチーニ 歌劇「トゥーランドット」から 誰も寝てはならぬ/ジーリ(78RPM SP盤)

Dsc_0243_20220303154801

プッチーニ 歌劇「トゥーランドット」から 誰も寝てはならぬ

ベニャミーノ・ジーリ(テノール)
フィルハーモニア管弦楽団 スタンフォード・ロビンソン(指揮)
【録音】1949年

「誰も寝てはならぬ」のテノール・アリアは今日ではとても有名であるが、1950年以前の録音のもので私がSP盤を持っているのは、ビヨルリンクのと、このジーリのだけである。

この録音はSP録音の最末期であることで、SP盤による再生としてはすこぶる音質が良い。当時のイタリアオペラの大御所の歌という事もあって、バックにはオーケストラと合唱が付き、しかもそれが1940年代とは思われないほど生々しい音質で記録されている。ベニャミーノ・ジーリの最盛期は1930年代でありこの録音時期は最盛期を過ぎているのだが、それを感じさせない歌唱である。

ユーチューブにこの盤を蓄音機再生している動画が有ったので貼り付ける。この盤は音質が良いので電気再生でもとても良い音質になる。1940年以降のSP盤はダイナミックレンジや周波数レンジも広がっているので、私は電気再生でかけている。

 


にほんブログ村

|

« シューベルト セレナーデ、僕の挨拶を/シュルスヌス(SP盤) | トップページ | ハチャトゥリアン:ヴァイオリン協奏曲/イーゴリ・オイストラフ、グーセンス、フィルハーモニア管(初期盤LP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シューベルト セレナーデ、僕の挨拶を/シュルスヌス(SP盤) | トップページ | ハチャトゥリアン:ヴァイオリン協奏曲/イーゴリ・オイストラフ、グーセンス、フィルハーモニア管(初期盤LP) »