« 『守護天使 ~ 無伴奏ヴァイオリン作品集』/ポッジャー(SACD/CD) | トップページ | リムスキー・コルサコフ: 交響組曲「シェエラザード」; チャイコフスキー: ピアノ協奏曲第1番/コンドラシン、アルゲリッチ他(タワーレコード限定SACD/CD) »

2022年8月 9日 (火)

ワーグナー管弦楽曲集/クレンペラー、フィルハーモニア管(TOWER RECORDS Definition Series SACD/CD)

Img_20220808_0001

DISC:1
1. 歌劇「リエンツィ」序曲、
2. 歌劇「タンホイザー」序曲、
3. 歌劇「タンホイザー」第3幕への前奏曲、
4. 歌劇「ローエングリン」第1幕への前奏曲、
5. 歌劇「ローエングリン」第3幕への前奏曲、
6. 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲、
7. 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」徒弟たちの踊りとマイスタージンガーの入場(第3幕)、
8. 舞台神聖祝典劇「パルジファル」前奏曲

DISC:2
9. 歌劇「さまよえるオランダ人 序曲、
10. 楽劇「ラインの黄金」-ヴァルハラ城への神々の入城、
11. 楽劇「ワルキューレ」-ワルキューレの騎行、
12. 楽劇「ジークフリート」-森のささやき、
13. 楽劇「神々のたそがれ」-ジークフリートのラインへの旅、
14. 楽劇「神々のたそがれ」-ジークフリートの葬送行進曲、
15. 楽劇「トリスタンとイゾルデ」-前奏曲と愛の死、
16. ジークフリート牧歌

フィルハーモニア管弦楽団   オットー・クレンペラー(指揮)

【録音】1960年、1961年

TOWER RECORDS Definition SeriesのSACD/CDハイブリッド盤は旧EMIのアナログ録音時代の古い音源を借りてタワー・レコードが独自企画で発売しているもの。EsotericのSACD/CDハイブリッド盤と同等のハードカバーの装丁で、詳しい解説が付きオペラだと対訳も付く。

リマスターもきちんとしており、最新のデジタル音源からSACDとCDをそれぞれ別々にリマスターして手間暇をかけていて、かなり音質が良く、SACDプレーヤーを持っていない頃から気になるものは発売されたら買うようにしている。これは2019年12月の発売だがオリジナルLPを持っていたので買うのを控えていたが、最近入手した。

クレンペラーのワーグナーはびくともしないほど重厚でどっしりしている。それでいて冷徹でありながら情熱的。

Dsc_0241_20220808133401 Img_20220808_0002

オリジナル盤の音質はFレンジが狭く中域が厚くパリっとした音質。オリジナル盤は鮮度が高く60年を経過したマスターからの復刻だと流石にSACDと言えどもかなわない。しかし、通常CDよりはずっと良い音質で復刻されている。オリジナルは大事にしよう。


にほんブログ村

|

« 『守護天使 ~ 無伴奏ヴァイオリン作品集』/ポッジャー(SACD/CD) | トップページ | リムスキー・コルサコフ: 交響組曲「シェエラザード」; チャイコフスキー: ピアノ協奏曲第1番/コンドラシン、アルゲリッチ他(タワーレコード限定SACD/CD) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『守護天使 ~ 無伴奏ヴァイオリン作品集』/ポッジャー(SACD/CD) | トップページ | リムスキー・コルサコフ: 交響組曲「シェエラザード」; チャイコフスキー: ピアノ協奏曲第1番/コンドラシン、アルゲリッチ他(タワーレコード限定SACD/CD) »