« Saturday Night in San Francisco/Al Di Meola 、 John McLaughlin 、 Paco De Lucia(SACD/CDハイブリッド、FLAC 192K/24bit) | トップページ | モーツァルト 魔笛/クレンペラー、フィルハーモニア管(SACDシングルレイヤー) »

2022年9月13日 (火)

Saturday Night in San Francisco/Al Di Meola 、 John McLaughlin 、 Paco De Lucia(180g アナログLP)

Dsc_0240_20220912144301

SIDE ONE
1.Bill Graham Introduction
2.Splendido Sundance
3.One Word
4.Trilogy Suite
5.Monasterio de Sal

SIDE TWO
1.El Panuelo
2.Meeting of the Spirits

見開き厚手のジャケットで、当時の写真が使用されたリブレット入り。

Dsc_0241_20220912144401

マスタリング、カッティングはバーニー・グランドマン、プレスはR.T.I. プレスの質は良くノイズはほぼ皆無。アナログ・LPは2種類発売され、通常の黒色盤のものとクリア・ヴァイナルの限定盤だが、私は通常の黒色盤を買った。

SACDやFLAC 192K/24bitのハイレゾと比べた結果は、艶めかしさや鮮度でこのアナログLPが一歩優れる。SACDやFLAC 192K/24bitもかなり優秀な音質であるが、音の濃さやコンサート会場の雰囲気はアナログの方が手に取るようにわかりやすい。

世の中、アナログ・レコードがブームになっているが、ハイレゾはおろか通常CDよりも音質で劣るものもある中で、このIMPEXから出た180gのアナログ・レコードは素晴らしい。ただし、SACDやFLAC 192K/24bitのハイレゾに入っていたボーナス・トラックが無く1曲少ない事が欠点と言えば欠点。


にほんブログ村

|

« Saturday Night in San Francisco/Al Di Meola 、 John McLaughlin 、 Paco De Lucia(SACD/CDハイブリッド、FLAC 192K/24bit) | トップページ | モーツァルト 魔笛/クレンペラー、フィルハーモニア管(SACDシングルレイヤー) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Saturday Night in San Francisco/Al Di Meola 、 John McLaughlin 、 Paco De Lucia(SACD/CDハイブリッド、FLAC 192K/24bit) | トップページ | モーツァルト 魔笛/クレンペラー、フィルハーモニア管(SACDシングルレイヤー) »