« モーツァルト ヴァイオリン協奏曲集/フィッシャー、クライツベルク、オランダ室内o.(3SACD/CD+1DVD) | トップページ | プッチーニ トゥーランドット/メータ、ロンドンフィル、サザーランド、パヴァロッティ、カバリエ他(SACD/CD) »

2022年9月 2日 (金)

Come Away With Me/ノラ・ジョーンズ(通常CD SACD/CD SACDシングルレイヤー)

Img_20220901_0001

収録曲

1.Don't Know Why
2.Seven Years
3.Cold, Cold Heart
4.Feelin' The Same Way
5.Come Away With Me
6.Shoot The Moon
7.Turn Me On
8.Lonestar
9.I've Got To See You Again
10.Painter Song
11.One Flight Down
12.Nightingale
13.The Long Day Is Over
14.The Nearness of You

2002年に発売された、ノラ・ジョーンズの大ヒットしたファースト・アルバム。20カ国でヒットチャート1位、2022年現在までで全世界で3000万枚の売上を記録したそうである。Blue NoteレーベルだからカテゴリーはJAZZなのだろうが、実際にはもっと幅広いポップスだと思う。発売20周年記念盤も発売されるような名盤。

日頃、クラシックを主に聴く私も、このアルバムは3種類持っている。

通常CD 米国盤 7243 5 32088 2 0

Img_20220901_0004

海外盤には、コピーコントロールCDも有ったが、これはCOMPACT DISC DIGITAL AUDIOのマークがあるので、音質の悪いコピーコントロールCDでは無い。初期の米国盤だけあってかなり音質は良い。当時の国内通常CDより高音質。

 

SACD/CDハイブリッド盤(2003年発売 国内盤)TOGP-15006

Img_20220901_0002

こちらのCD層は明らかに上の通常CDより音質は良くない。SACD/CDのハイブリッド盤のCD層は音質的に不利だというのがそのまま出ている。SACD層はより細やかで音質は良いが、若干おとなしい感じに聴こえる。3種を比較した中では、私にはこれがどっちつかずで一番魅力がない感じがする。

 

SACDシングルレイヤー盤 SHM仕様(2022年発売 国内盤)UCGQ 9029

Img_20220901_0003

この盤はシングルレイヤーSACD盤なのでCD層が無くSACDプレーヤーでないとかけられない。しかし、この盤が3種の中では一番音質が良い。SACDを聴きたいのであればハイブリッド盤よりもこの盤を聴いた方が良い。全体にディスクが緑色なのはレーザー光の反射を考え音質が良くなるように工夫されているからである。ただし、ボーカルの肌理の細やかさはSACDシングルレイヤーの圧勝だが、SACDシングルレイヤー盤を聴いてから一番上の米国盤通常CDを聴くとポップスやJAZZらしいメリハリが有って力強さが感じられ、エッジを効かせたCD本来の良さが有り米国盤通常CDも捨てがたい音質だと感じる。

自分的にはSACDシングルレイヤー>米国初期CD>SACD/CDハイブリッド盤という順位付けとなる。


にほんブログ村

|

« モーツァルト ヴァイオリン協奏曲集/フィッシャー、クライツベルク、オランダ室内o.(3SACD/CD+1DVD) | トップページ | プッチーニ トゥーランドット/メータ、ロンドンフィル、サザーランド、パヴァロッティ、カバリエ他(SACD/CD) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モーツァルト ヴァイオリン協奏曲集/フィッシャー、クライツベルク、オランダ室内o.(3SACD/CD+1DVD) | トップページ | プッチーニ トゥーランドット/メータ、ロンドンフィル、サザーランド、パヴァロッティ、カバリエ他(SACD/CD) »