« ビゼー 歌劇『カルメン』全曲/アバド、ロンドン交響楽団他(SACD/CD 2枚組) | トップページ | ウェーバー 歌劇『魔弾の射手』全曲/ヤノフスキ、フランクフルト放送交響楽団他(SACD/CD 2枚組) »

2022年11月25日 (金)

プッチーニ 歌劇『蝶々夫人』全曲/フォスター、グルベンキアン管弦楽団他(SACD/CD 2枚組)

Img_20221124_0001

メロディ・ムーア(蝶々さん/ソプラノ)
ステファノ・セッコ(アメリカ海軍大尉ピンカートン/テノール)
エリーザベト・クールマン(スズキ/メゾ・ソプラノ)
レスター・リンチ(長崎駐在アメリカ領事シャープレス/バリトン)
アレクサンダー・カイムバッヒャー(ゴロー/テノール)
ケヴィン・ショート(僧侶ボンゾ/バス=バリトン)
アミタイ・パティ(貴公子ヤマドリ/テノール)
フロリアン・ケーフラー(神官/バス)
ホルヘ・レイリーア(書記、役人/テノール)
ティアゴ・バティスタ(薬師手/バス)
セシリア・ロドリゲス(蝶々さんの母親/メゾ・ソプラノ)
フィリパ・パッソス(蝶々さんのおば/ソプラノ)
サラ・マルケス(蝶々さんのいとこ/ソプラノ)

グルベンキアン管弦楽団、グルベンキアン合唱団
ホルヘ・マッタ(合唱指揮)
マーリア・レイノ(コンサートマスター)
ローレンス・フォスター(指揮)

【録音】2019年

PENTATONEレーベルのSACD/CDハイブリッド盤。タイトル・ロールのソプラノ、メロディ・ムーアは蝶々さん役としては若干ドラマチックすぎる声質だと感じるかも知れないが、表現力や歌唱そのものはとても良く、それ以外の配役の歌手についても不満はない。グルベンキアン管弦楽団はポルトガルのリスボンを本拠とするオーケストラで、指揮のローレンス・フォスターは、2002年 - 2013年のシーズンに音楽監督を努めていた。オーケストラも非常にまとまりがあって、とても良い演奏だ。

音質はいつものPENTATONEの音調で、消滅したPHILIPSレーベルの音質を彷彿させるものでとても良い。SACD層とCD層はかなり違いがあり、出来ればSACDプレーヤーでSACD層を聴きたい。

装丁は紙製のデジパックで、分厚いリブレットが付いてイタリア語から英語への対訳が付く。ジャケット写真は蝶々さんがピンカートンを待つような感じで、いかにも日本情緒があって良い。これは、明治末期から大正時代に活躍した小原古邨の日本画をトリミングして作ったものらしい。原画写真はパブリック・ドメインになっており、ネット上に有ったので貼り付けておく。

Oharakoson


にほんブログ村

|

« ビゼー 歌劇『カルメン』全曲/アバド、ロンドン交響楽団他(SACD/CD 2枚組) | トップページ | ウェーバー 歌劇『魔弾の射手』全曲/ヤノフスキ、フランクフルト放送交響楽団他(SACD/CD 2枚組) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビゼー 歌劇『カルメン』全曲/アバド、ロンドン交響楽団他(SACD/CD 2枚組) | トップページ | ウェーバー 歌劇『魔弾の射手』全曲/ヤノフスキ、フランクフルト放送交響楽団他(SACD/CD 2枚組) »