« R.シュトラウス 歌劇「薔薇の騎士」全曲/バーンスタイン、ウィーンフィル他(SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | モーツァルト ヴァイオリン協奏曲 第4番、第5番/フェラス、ヴァンデルノート、パリ音楽院o.(TOWER RECORDS Definition Series SACD/CD) »

2022年11月 4日 (金)

ヴェルディ 歌劇「椿姫」/オーレン、ドレスデン・フィル他(SACD/CDハイブリッド盤)

Img_20221103_0001

リゼット・オロペサ(ソプラノ/ヴィオレッタ・ヴァレリー)
ルネ・バルベラ(テノール/アルフレード・ジェルモン)
レスター・リンチ(バリトン/ジョルジョ・ジェルモン)
イルセヤル・ハイルロワ(メゾ・ソプラノ/フローラ・ベルヴォア)
メンナ・カーゼル(ソプラノ/アンニーナ)
フランチェスコ・ピターリ(テノール/ガストーネ子爵)
アレン・ボクサー(バリトン/ドゥフォール男爵)
ビアージョ・ピッツーティ(バリトン/ドビニー侯爵)
アレクサンドル・クーペジー(バス/グランヴィル医師)

合唱ソロ:
トビアス・シュレーダー(テノール/ジュゼッペ)
ラインホルト・シュライアー=モルロック(バス/フローラの召使い)
アレクサンドル・フェディッシュ(バス/使者)

シュターツカペレ・ドレスデン
アンドレ・ケリングハウス(合唱指揮)
ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団
ヴォルフガング・ヘントリッヒ(コンサートマスター)
ダニエル・オーレン(指揮)

【録音】2021年

下の写真にあるように、コロナ禍のためソリストを観客席に配置し、舞台上のオーケストラもソーシャル・ディスタンスを取った形で行われた。セッション録音である。
Img_2022110302

近年は、オペラ全曲盤はライブ録音が多くセッション録音は非常に少なくなっているが、これはPENTATONEレーベルが昨年敢行したもので、コロナの影響で通常とはかなり異なるオーケストラ奏者や歌手の間隔が広い状態での録音だが音質そのものは非常に良く成功している。

「椿姫」は良くも悪くも主役のヴィオレッタ役が良いかどうかにかかっているが、その点は安心して聴いていられる。現代のコロラチューラ・ソプラノとして前半が良いだけでなく終幕における感情表現も優れている。全体的にインターナショナルな感じで昔のイタリア・オペラのようなテイストは無いが、現代の録音の演奏とみればなかなかの出来であると思う。こういう新しい録音ものがそれなりに売れてくれないと、クラシック、特にオペラの商業録音はこれから先、もっと難しくなる。


にほんブログ村

|

« R.シュトラウス 歌劇「薔薇の騎士」全曲/バーンスタイン、ウィーンフィル他(SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | モーツァルト ヴァイオリン協奏曲 第4番、第5番/フェラス、ヴァンデルノート、パリ音楽院o.(TOWER RECORDS Definition Series SACD/CD) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« R.シュトラウス 歌劇「薔薇の騎士」全曲/バーンスタイン、ウィーンフィル他(SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | モーツァルト ヴァイオリン協奏曲 第4番、第5番/フェラス、ヴァンデルノート、パリ音楽院o.(TOWER RECORDS Definition Series SACD/CD) »