« コレッリ ヴァイオリンソナタ /寺神戸 亮 他(96K/24bitハイレゾ) | トップページ | ワーグナー 楽劇「ラインの黄金」/ショルティ、ウィーンフィル他(2022年リマスター SACD/CD) »

2023年1月10日 (火)

バードソング/チャンピアン・フルトン

Img_20221211_0001

曲目
1.Just Friends
2.Yardbird Suite
3.This Is Always
4.Star Eyes
5.Quasimodo
6.All God’s Chillun Got Rhythm
7.Dearly Beloved
8.Out of Nowhere
9.If I Should Lose You
10.My Old Flame
11.Bluebird

Champian Fulton(piano)
Scott Hamilton(tenor sax)
Hide Tanaka(bass)
Fukushi Tainaka(drums)
Guest: Stephen Fulton(Champian’s father)(flugelhorn)

ジャズは万年初心者だが、ジャズしか聴かない知人から紹介されたエディ・ヒギンズ・トリオ+スコット・ハミルトン+ケン・ペプロフスキーの「イッツ・マジック」が良かったので、他に無いかと聞いたら紹介されたのがこのCD。

チャンピアン・フルトンという若い女性のジャズ・ピアニストのものだが、プロデュースは父親のステファン・フルトンという人がやっており自らフリューゲルホルンを吹いて参加している。そしてスコット・ハミルトンも参加している。ベースとドラムスは米国で活動している日本人ミュージシャンだ。CDのレーベルはマイナーで自主制作のような感じだが、ジャケットは紙で装丁はしっかりしている。

Img_20221211_0002

バードソングのバードはチャーリー・パーカーの事で、チャーリー・パーカーへのオマージュのようなアルバムである。ノリが良くご機嫌で少し古いスタイルであり1960年代にタイムスリップしたような気分が味わえる。音質はとても良い。録音がシンプルで色々と弄っていないからだと思う。演奏良し音質良しのこういうCDはもっと売れて欲しい。


にほんブログ村

|

« コレッリ ヴァイオリンソナタ /寺神戸 亮 他(96K/24bitハイレゾ) | トップページ | ワーグナー 楽劇「ラインの黄金」/ショルティ、ウィーンフィル他(2022年リマスター SACD/CD) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コレッリ ヴァイオリンソナタ /寺神戸 亮 他(96K/24bitハイレゾ) | トップページ | ワーグナー 楽劇「ラインの黄金」/ショルティ、ウィーンフィル他(2022年リマスター SACD/CD) »