« リタ・シュトライヒ / 世界の民謡と子守歌 | トップページ | 愛しい友よ~イタリア・オペラ・アリア集/森麻季(SACD/CDハイブリッド盤) »

2023年2月 7日 (火)

J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲/ヨゼフ・シゲティ(180g重量盤LP3枚組)

Dsc_0240_20230206151501 Img_20230206_0001

Side1
ソナタ第1番
Side2
パルティータ第1番
Side3
ソナタ第2番
Side4
パルティータ第2番
Side5
ソナタ第3番
Side6
パルティータ第3番

ヨゼフ・シゲティ(ヴァイオリン)
【録音】1955年~56年(モノラル)

アナログ・レコードのブームが続いていて、もはやブームでは無いような状況になってきている。クラシック音楽のジャンルはそのブームの恩恵が一番無いジャンルなのかと思っていたが、最近は1950年代のモノラル録音の名盤も復刻されるようになってきた。このシゲティのバッハ無伴奏もその1つである。これは製造は韓国で行われているらしく、レコードのレーベル面にもMade in Koreaという表記がある。全世界500セットのみの限定盤。

驚くべきはその音質で、一緒に写っている2005年にDENONが発売したCDの音質と比較して音の実在感や鮮度という観点からこの復刻重量盤の方がずっと良い。サーフェスノイズは少なくプレスの質も良い。

演奏は定評があるもので、好みは分かれると思うがもはや歴史的な名盤である。LPレコードではキングレコードが発売していたものを中古で見かけるが、それよりも音質は良い。韓国製だろうが良い復刻ならば大歓迎である。

1950年代のヴァイオリンものの復刻盤はナタン・ミルシテインのEMI録音のものも何枚か入手しているが、復刻盤の音質が通常CDより良いものが多いという印象で、手間暇かけてLPレコードで聴く価値はあるものが多いと感じている。


にほんブログ村

|

« リタ・シュトライヒ / 世界の民謡と子守歌 | トップページ | 愛しい友よ~イタリア・オペラ・アリア集/森麻季(SACD/CDハイブリッド盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リタ・シュトライヒ / 世界の民謡と子守歌 | トップページ | 愛しい友よ~イタリア・オペラ・アリア集/森麻季(SACD/CDハイブリッド盤) »