« マーラー 交響曲「大地の歌」/ワルター、ウィーンフィル (Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | グリーク、シューマン ピアノ協奏曲/リヒテル、マタチッチ、モンテカルロ管弦楽団(Esoteric SACD/CD) »

2023年3月21日 (火)

ショパン ピアノ協奏曲第1番、第2番/ツィマーマン、ポーランド祝祭管弦楽団(EsotericSACD/CD)

Img_20230320_0001

DISC 1 ショパン ピアノ協奏曲第1番

DISC 2 ショパン ピアノ協奏曲第2番

クリスティアン・ツィマーマン(指揮、ピアノ)
ポーランド祝祭管弦楽団
【録音】1999年

2023年3月に限定発売されたEsotericSACD/CDハイブリッド盤。2枚組で各DISCにピアノ協奏曲が1曲ずつ収録されている。この録音は、スポンサーからの資金提供をうけてショパンの没後150周年を記念してオーケストラを組織し指揮とピアノ独奏を一人でやり、様々な都市で演奏をして充分に演奏が熟成された後にイタリアでスタジオ録音されたもの。

演奏は、テンポが自在に変化し弦楽器はポルタメントを効かせた極めてロマンティックなもので、ピアノも良い。個性的でありながらあざとさが無い。素晴らしいものだ。

1999年頃になるとデジタル録音は円熟し、クラシックのメジャーレーベルのCDの音質もかなり良いものが多くなる。SACD層は弦楽器の滑らかさ、楽器の音色の濃さが感じられ、リマスターは成功している。

亡くなった宇野功芳氏の当時の解説がそのまま載せられており、氏がこの演奏を極めて評価していた事を今更ながら垣間見た。


にほんブログ村

|

« マーラー 交響曲「大地の歌」/ワルター、ウィーンフィル (Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | グリーク、シューマン ピアノ協奏曲/リヒテル、マタチッチ、モンテカルロ管弦楽団(Esoteric SACD/CD) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マーラー 交響曲「大地の歌」/ワルター、ウィーンフィル (Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | グリーク、シューマン ピアノ協奏曲/リヒテル、マタチッチ、モンテカルロ管弦楽団(Esoteric SACD/CD) »