« 管弦楽曲集/ケンペ、ウィーンフィル(TowerRecords Difinition Series SACD/CD 5枚組) | トップページ | ヴェルディ 歌劇「仮面舞踏会」全曲/ムーティ、ニューフィルハーモニア管他(TowerRecords Definition Series SACD/CD2枚組) »

2023年4月 4日 (火)

ベートーヴェン ピアノとヴァイオリンのためのソナタ全曲/五嶋みどり、ジャン=イヴ・ティボーテ(SACD/CD3枚組)

Img_20230403_0001

 DISC 1 ベートーヴェン ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第1番~第4番

 DISC 2   ベートーヴェン ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第5番~第7番

 DISC 3   ベートーヴェン ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第8番~第10番

五嶋みどり(ヴァイオリン) ジャン=イヴ・ティボーテ(ピアノ)

【録音】2022年

天才少女だった五嶋みどりもデビューして40年が過ぎ、ヴァイオリン奏者として円熟を迎える年齢となった。このディスクはピアノに名手ジャン=イヴ・ティボーテを迎えた新録音のもの。ベートーヴェンのピアノとヴァイオリンのためのソナタはピアノが活躍する部分が多いので、ただの伴奏ではダメで、ピアノが良くないと演奏そのものが引き立たない。その点は全く問題ないどころか、非常にセンス有るピアノで申し分ない。ヴァイオリンは五嶋みどりならではのもので、二人の個性が充分に活かせた良い演奏に仕上がっている。

音質は、新録音らしく鮮明で、SACD層を聴くとヴァイオリンがきめ細かに美しく聴こえ、ピアノの音も際立って良い。CD層も悪くないができればSACD層を聴きたい。3枚組のSACD/CDハイブリッド盤で3枚ともに収録時間が70分を超え、特にDISC 3は84分23秒で、かなり詰め込んでいる。それでもアナログレコードと異なり音質が悪くならないのはCDなどデジタルのメリットだ。

ワーナークラシックスの新録音は国内盤だとSACD/CDで発売されるものが多い。そして、通常CDよりも音質的にメリットがあるものに仕上がっている。まだまだSACDは終わらない。


にほんブログ村

|

« 管弦楽曲集/ケンペ、ウィーンフィル(TowerRecords Difinition Series SACD/CD 5枚組) | トップページ | ヴェルディ 歌劇「仮面舞踏会」全曲/ムーティ、ニューフィルハーモニア管他(TowerRecords Definition Series SACD/CD2枚組) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 管弦楽曲集/ケンペ、ウィーンフィル(TowerRecords Difinition Series SACD/CD 5枚組) | トップページ | ヴェルディ 歌劇「仮面舞踏会」全曲/ムーティ、ニューフィルハーモニア管他(TowerRecords Definition Series SACD/CD2枚組) »