« シャンカール シタール協奏曲第一番/シャンカール、プレヴィン、ロンドン交響楽団(180g重量盤LP) | トップページ | 狂乱の場/カラス、レッシーニョ、フィルハーモニア管(Testament Classics 180gLP) »

2023年4月18日 (火)

シューベルト 交響曲全集/ケルテス、ウィーンフィル(英DECCA 5LP)

Dsc_0240_20230417141201 Img_20230417_0001

LP.1
Side1 交響曲 第一番 【録音】 1971年
Side2 交響曲 第二番 【録音】 1971年

LP.2
Side3 交響曲 第三番 【録音】 1971年
Side4 交響曲 第四番「悲劇的」 【録音】 1970年

LP.3
Side5 交響曲 第五番 【録音】 1970年
Side6 交響曲 第六番 【録音】 1971年

LP.4
Side7 《悪魔の別荘》 序曲
    イタリア風 序曲
    《フィエラブラス》 序曲 【録音】 1963年
Side8 交響曲 第八番 【録音】 1963年

LP.5
Side9&10 交響曲 第九番「ザ・グレート」 【録音】 1963年

イシュトヴァン・ケルテス(指揮)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

これは、英DECCAの1970年代のLPレコードの組物で、イシュトヴァン・ケルテスが34歳だった時から亡くなる2年前までの録音を集めたもの。一貫してウィーンフィルらしいしなやかで流麗な感じとモダンな明晰さが同居しているような演奏で、特に第一番から第六番までに顕著である。もしも1973年にテルアビブの海岸で遊泳中に高波によって溺死することがなければ、偉大な指揮者になっていた可能性が高い。ウィーンフィルとの関係は、今なお名盤とされるドヴォルザークの新世界交響曲の1961年の録音から始まっているが、関係の良好さはケルテスが亡くなるまで一貫して続いた。

今日、このLPレコードのセットを聴き直してみると、音質の良さもあって今だに捨てがたい良さを感じる。


にほんブログ村

|

« シャンカール シタール協奏曲第一番/シャンカール、プレヴィン、ロンドン交響楽団(180g重量盤LP) | トップページ | 狂乱の場/カラス、レッシーニョ、フィルハーモニア管(Testament Classics 180gLP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シャンカール シタール協奏曲第一番/シャンカール、プレヴィン、ロンドン交響楽団(180g重量盤LP) | トップページ | 狂乱の場/カラス、レッシーニョ、フィルハーモニア管(Testament Classics 180gLP) »