« モーツァルト オペラアリア集/ポップ、スラットキン、ミュンヘン放送o.(EsotericSACD/CD) | トップページ | モーツァルト 歌劇「魔笛」全曲/サヴァリッシュ、バイエルン国立歌劇場(TOWER RECORDS DEFINITION SERIES SACD/CD) »

2023年6月30日 (金)

ラフマニノフ ピアノ協奏曲全集、アシュケナージ、プレヴィン(EsotericSACD/CD)

Img_20230630_0001

Disc1
ピアノ協奏曲第一番
ピアノ協奏曲第四番
パガニーニの主題による狂詩曲

Disc2
ピアノ協奏曲第二番
ピアノ協奏曲第三番

ウラディミール・アシュケナージ(ピアノ)
ロンドン交響楽団 アンドレ・プレヴィン(指揮)

【録音】1970年、1971年

2023年6月発売のEsotericSACD/CDハイブリッド盤の1組。
アシュケナージとプレヴィンによるラフマニノフのピアノ協奏曲全集は、1番から4番まではケネス・ウィルキンソンの録音で、アナログ録音時代の名録音の1つである。

当初、EsotericSACD/CDハイブリッド盤は、同曲異盤の発売は避けていたのだが、ラフマニノフ協奏曲第2番はリヒテルのものがすでに発売されており、曲のダブリは関係なくなっている。

このSACD/CDハイブリッド盤は、我が家ではSACD層よりもCD層をP0sVUKでかけた方が気持ちよく聴ける。P0sVUKでかけたCD層はピアノの音が克明で、低域が甘くならない。P-05XによるSACD層再生だと、滑らかさは上回るが低域が充分に伸びずフォーカスが甘い感じで楽しめない。なので、SACD層はオマケとしてCD層を聴くディスクになりそうだ。

今回発売されたものはすでにシングルレイヤーSACDでも発売されたし、DSD2.8MHzハイレゾでも売られている。同じデータのSACDをP-05XでかけたのとDSD2.8MHzをPCでかけたのでは、同じDACを通してもSACDをP-05Xでかけた方が音が良いので、DSD2.8MHzハイレゾは購入を躊躇している。シングルレイヤーSACDはかなり良い音質だと思うが、はたしてEsotericSACD/CDハイブリッド盤はシングルレイヤー盤の音質を上回れるのだろうか?手元にシングルレイヤー盤が無いので比較は出来ていない。


にほんブログ村

|

« モーツァルト オペラアリア集/ポップ、スラットキン、ミュンヘン放送o.(EsotericSACD/CD) | トップページ | モーツァルト 歌劇「魔笛」全曲/サヴァリッシュ、バイエルン国立歌劇場(TOWER RECORDS DEFINITION SERIES SACD/CD) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モーツァルト オペラアリア集/ポップ、スラットキン、ミュンヘン放送o.(EsotericSACD/CD) | トップページ | モーツァルト 歌劇「魔笛」全曲/サヴァリッシュ、バイエルン国立歌劇場(TOWER RECORDS DEFINITION SERIES SACD/CD) »