« イザイ 6つの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ/ヒラリー・ハーン(180gアナログLP2枚組) | トップページ | ヴェルディ:歌劇『椿姫』全曲/サンティーニ、トリノRAI交響楽団、カラス他 »

2023年7月28日 (金)

マスカーニ 歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』全曲/セラフィン、スカラ座、カラス他

Img_20230727_0001

サントゥッツァ:マリア・カラス(ソプラノ)
トゥリッドゥ:ジュゼッペ・ディ・ステーファノ(テノール)
アルフィオ:ローランド・パネライ(バリトン)
ルチア:エベ・ティコッツィ(アルト)
ローラ:アンナ・マリア・カナリ(ソプラノ)、他

ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団
トゥリオ・セラフィン(指揮)

【録音】1953年(モノラル)


マリア・カラス/スタジオ録音リマスター・エディション全集(69CD)からの1組。紙ジャケ仕様で、外国語ではあるが写真入りの解説書も付属する。

「カヴァレリア・ルスティカーナ」の全曲盤は古今に数多くの名盤がある。70年前の古い録音であるが、それでもなお、生きながらえているのは、ひとえに、マリア・カラスのサントゥッツァの素晴らしさであろう。感情移入が素晴らしい上に、随所で凄みのある歌を披露している。マリア・カラスの歌声は決して美声ではないのだが、この録音を聴いてしまうとサントゥッツァという役柄は美声でなくても良いのではないかとも思う。美しいかどうかよりも、技巧や凄み、感情移入の素晴らしさに聴きては参ってしまう。カラスだけではなく、ディ・ステーファノの歌もいいし、セラフィン/スカラ座のオーケストラも良い。

音質は、EMIの1953年のモノラル録音としてまずまず。歌手の声は全く問題がない。古いリマスターのものよりも音質は相当に改善していてアナログ録音らしい肉厚感のある音質になっているが、弦楽器の音が若干ささくれる。


にほんブログ村

|

« イザイ 6つの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ/ヒラリー・ハーン(180gアナログLP2枚組) | トップページ | ヴェルディ:歌劇『椿姫』全曲/サンティーニ、トリノRAI交響楽団、カラス他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イザイ 6つの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ/ヒラリー・ハーン(180gアナログLP2枚組) | トップページ | ヴェルディ:歌劇『椿姫』全曲/サンティーニ、トリノRAI交響楽団、カラス他 »