« プッチーニ オペラアリア集/カラス、セラフィン、フィルハーモニア管 | トップページ | プッチーニ:歌劇『蝶々夫人』全曲/カラヤン、スカラ座、カラス他 »

2023年8月29日 (火)

スカラ座のマリア・カラス/カラス、セラフィン、スカラ座

Img_20230828_0001

ヴィンチェンゾ・ベルリーニ 歌劇≪夢遊病の女≫ より
1.親しいお友達の皆さん…何と平和で静かな日でしょう 第1幕
2.おお!若し私がただ一度でも…ああ、私はお前がそのように早く萎れるのを見ようとは思わなかった… ああ!今私を満たしている歓びは 第2幕

ルイージ・ケルビーニ 歌劇≪メデア≫ より
3.あなたの子供たちの母親は~第1幕

ガスパーレ・スポンティーニ 歌劇≪ヴェスタの巫女≫ より
4.無慈悲な女神よ 第2幕
5.ああ、不幸な人々を守護する女神 第2幕より
6.いとしいお方 第3幕より

マリア・カラス (ソプラノ)
トゥリオ・セラフィン (指揮) ミラノ・スカラ座管弦楽団

【録音】1955年(モノラル)

これまで、長く埋もれて上演されることが殆どなかった19世紀前半のオペラばかりであるが、マリア・カラスが再び脚光を浴びるように復活させたものもある。マリア・カラスの声は決して美声ではない。ではなぜ凄いのか。それは、コロラチューラ・ソプラノと言われる俊敏で繊細さが要求される声質と、ドラマティコ・ソプラノと言われる重量感があって力強い声質を併せ持っていた類稀な歌手で、なおかつ感情移入が素晴らしかったから。これはそれがよくわかるCDである。そして、イタリア随一の歌劇場であるスカラ座で、当時マリア・カラスがいかに絶賛されていたかを示すような彼女の全盛期のアルバムである。トゥリオ・セラフィン (指揮) ミラノ・スカラ座管弦楽団のバックも良い。

音質は、EMIの1950年代半ばのモノラル録音の復刻CDとして標準的。オーケストラの質感や音質には不満が残るが、声は聴きやすい。


にほんブログ村

|

« プッチーニ オペラアリア集/カラス、セラフィン、フィルハーモニア管 | トップページ | プッチーニ:歌劇『蝶々夫人』全曲/カラヤン、スカラ座、カラス他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プッチーニ オペラアリア集/カラス、セラフィン、フィルハーモニア管 | トップページ | プッチーニ:歌劇『蝶々夫人』全曲/カラヤン、スカラ座、カラス他 »