« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月

2023年11月28日 (火)

プッチーニ 歌劇「トスカ」全曲/プレートル、パリ音楽院管.カラス他

Img_20231127_0001

マリア・カラス(ソプラノ)
カルロ・ベルゴンツィ(テノール)
ティト・ゴッビ(バリトン)、他

ジョルジュ・プレートル(指揮)パリ音楽院管弦楽団
パリ・オペラ座合唱団 

【録音】1964年、1965年

マリア・カラス/スタジオ録音リマスター・エディション全集(69CD)からの1組。紙ジャケ仕様で、外国語ではあるが写真入りの解説書も付属する。

この録音がマリア・カラス最後のスタジオ録音でのオペラ全曲盤である。マリア・カラスの『トスカ』全曲盤のスタジオ録音は2つあり、1964年のステレオ盤と1953年のモノラル盤だ。音楽的には1953年のデ・サーバタ盤には1964年のプレートル盤はかなわない。ステレオ盤の方はマリア・カラスの声が劣化しているというだけでなく、スカルピア役のティート・ゴッビもモノラル録音のほうがずっと良く、憎たらしいほどの凄みのある悪役を歌う。ただ、EMIから出ていた通常CDの音のボロさにはうんざりしていた。ところが新しいワーナー・クラシックスから出たリマスターされた新しいCDは、相当に良い音質で聴ける。

もう、この時期になるとマリア・カラスの声の劣化は覆い隠すことが出来ない。重く力強い感じがあって、高域は無理に絞り出すように歌っている。しかしながら、それでもなお他の歌手には真似できない感情移入の素晴らしさは際立っていて、この録音を不朽の名盤にしている。

音の良さは1953年のモノラル盤より1964年のステレオ盤が圧倒的に良い。この当時の11年の差は、本当に大きい。どちらも名盤であるが、音楽的内容ではモノラル盤が良く、音質ではステレオ盤が遥かに優れる。

手持ちには、Esotericから限定発売されたSACD/CDハイブリッド盤とフランスEMIのLPレコードが2種ある。英国盤も持っていた事があったが、この録音はフランス盤の方が音が良かったので、フランス盤を残している。


1_20231127105701 Dsc_0241_20231127105701 Dsc_0240_20231127105701


にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年11月24日 (金)

ビゼー 歌劇「カルメン」全曲/プレートル、パリ国立歌劇場、カラス他

Img_20231123_0001

マリア・カラス(ソプラノ)
ニコライ・ゲッダ(テノール)
ロベール・マサール(バリトン)
アンドレア・ギオー、ナディーヌ・ソートロー(ソプラノ)

ジョルジュ・プレートル(指揮)、パリ国立歌劇場管弦楽団&合唱団
ルネ・デュクロ合唱団、ジャン・ペノー児童合唱団 他

【録音】1964年

マリア・カラス/スタジオ録音リマスター・エディション全集(69CD)からの1組。紙ジャケ仕様で、外国語ではあるが写真入りの解説書も付属する。

この「カルメン」全曲盤は、録音から約60年を経ても名盤として輝いている。それはタイトル・ロールを歌うマリア・カラスが素晴らしいからであるのは間違いない。プレートルの「カルメン」ではなく、カラスの「カルメン」と呼ぶべき盤だ。しかしながら、マリア・カラスは「カルメン」を実演では歌わなかった。本来、このタイトルロールは、ソプラノも歌う事があるがむしろメゾ・ソプラノが適する役であり、ソプラノ・ドラマティコ・タジリタという全盛期のマリア・カラスではなく、メゾ・ソプラノ的な声質になったキャリア最後期のマリア・カラスだから成し得た歌唱である。決して美声ではないが、感情移入、歌心が素晴らしい。他の歌手には到底真似できない境地にある。そんなわけで、この録音はマリア・カラスの録音の中では音質の良さも有って、これからも多くの人達に聴かれ続けるものだと確信している。

スタジオ録音リマスター・エディション全集(69CD)になって、それまでのCDよりかなり音質が良くなっている。声に肉厚感があり、オーケストラにも厚みが感じられ、弦楽器のカサつきが殆ど無い。これが1枚あたり約300円のCDであるというのが信じられない。とは言うものの、以下のEsoteric盤や英EMIのオリジナルLPの方がより音質良く魅力的な再生が可能である。

Swscan00852_20231123113201

Image_20231123113201

 


にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年11月21日 (火)

ロッシーニ&ドニゼッティ オペラアリア集/カラス、レッシーニョ、パリ音楽院o.

Img_20231120_0001

1. ロッシーニ:悲しみと涙のうちに生まれて~歌劇「シンデレラ」第2幕より
2. ロッシーニ:ついに遠のいてしまった!…暗い森~歌劇「ウィリアム・テル」第2幕より
3. ドニゼッティ:さようなら~歌劇「連隊の娘」第1幕より
4. ロッシーニ:麗しい光が~歌劇「セミラーミデ」第1幕より
5. ドニゼッティ:あの魔法のなんと美しいこと~歌劇「ルクレツィア・ボルジア」第1幕より
6. ドニゼッティ:受けとって、あなたは私のために~歌劇「愛の妙薬」第2幕より

マリア・カラス(ソプラノ)
ニコラ・レッシーニョ(指揮)、パリ音楽院管弦楽団

【録音】1963年、1964年
マリア・カラス/スタジオ録音リマスター・エディション全集(69CD)からの1枚。紙ジャケ仕様で、外国語ではあるが写真入りの解説書も付属する。

このCDは全曲盤としての収録を行っていないロッシーニとドニゼッティのオペラのアリアを集めたもの。全部のアリアがマリア・カラスの個性に染まっているので、全てがお気に入りというわけではない。例えば、ルクレツィア・ボルジアのアリアはモンセラ・カバリエの方が好きだし、シンデレラのアリアはテレサ・ベルガンサの方が良いと思う。

マリア・カラスのオペラ歌手としての最後期の録音なので、全盛時代とは明らかに劣化が感じられ、ソプラノ・ドラマティコ・タジリタというよりメゾ・ソプラノが無理をして高音を絞り出して歌っているようにも聴こえる。が、それもなお、マリア・カラスの強烈な個性に彩られた歌唱で、素晴らしい感情移入と重厚感が、唯一無二の芸術にまで昇華されているのである。

音質はEMI時代の昔のCDよりもかなり良く、不満はない。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年11月17日 (金)

モーツァルト、ベートーヴェン、ヴェーバーを歌う/カラス、レッシーニョ&パリ音楽院管

Img_20231116_0001

ベートーヴェン:演奏会用アリア『ああ、不実な者よ』
モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』~いまこそ判ったでしょう
モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』~愛の神よ、安らぎを与えたまえ
ヴェーバー:歌劇『オベロン』~海よ、巨大な怪物よ
モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』~ひどい人ですって?・・・もう言わないで
モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』~何というふしだらな・・・あの恩知らずは約束を破って

マリア・カラス(ソプラノ)
ニコラ・レッシーニョ(指揮) パリ音楽院管弦楽団

【録音】1963年、1964年

マリア・カラス/スタジオ録音リマスター・エディション全集(69CD)からの1枚。紙ジャケ仕様で、外国語ではあるが写真入りの解説書も付属する。

マリア・カラスのオペラ歌手としての最後期の録音なので、全盛時代とは明らかに劣化が感じられるが、同時に、マリア・カラスの強烈な個性に彩られた歌唱である。その個性は、私はヴェルディをはじめとするイタリア・オペラと一部のフランス・オペラに一番適していると思うので、このCDは特別に良いものだとは思えない。それでも、伝説の名歌手の歌を楽しむという事では、全く不満の無いものだ。

1963~64年の録音ということもあって、かなり音質は良い。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年11月14日 (火)

パリのマリア カラス(第1集)(第2集)

Img_20231113_0001

パリのマリア カラス(第1集)

(1)エウリディーチェを失って~歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」第3幕より(グルック)
(2)よみじの神々よ~歌劇「アルチェステ」第1幕より(グルック)
(3)恋は野の鳥(ハバネラ)~歌劇「カルメン」第1幕より(ビゼー)
(4)セビリャの城壁の近くに(セギディーリャ)~歌劇「カルメン」第1幕より(ビゼー)
(5)春はめざめて~歌劇「サムソンとデリラ」第1幕より(サン=サーンス)
(6)愛よ,かよわい私に力をかして~歌劇「サムソンとデリラ」第2幕より(サン=サーンス)
(7)あなたの声に心は開く~歌劇「サムソンとデリラ」第2幕より(サン=サーンス)
(8)私は夢に生きたい(ジュリエットのワルツ)~歌劇「ロメオとジュリエット」第1幕より(グノー)
(9)私はティターニア~歌劇「ミニョン」第2幕より(トーマ)
(10)泣け,泣け,わが目(シメーヌのアリア)~歌劇「ル・シッド」第3幕より(マスネ)
(11)その日から~歌劇「ルイーズ」第3幕より(シャルパンティエ)

マリア・カラス(ソプラノ)
ジョルジュ・プレートル(指揮) フランス国立管弦楽団

【録音】1961年 

Img_20231113_0002

パリのマリア カラス(第2集)

(1)不幸なイフィジェニーよ~歌劇「オーリードのイフィジェニー」第2幕より(グルック)
(2)燃える恋の思いに(ロマンス)~劇的物語「ファウストの劫罰」op.24第4部より(ベルリオーズ)
(3)いつかのような暗い夜に~歌劇「真珠採り」第2幕より(ビゼー)
(4)さようなら私たちの小さなテーブルよ~歌劇「マノン」第2幕より(マスネ)
(5)わたしが女王のように町を行くと~歌劇「マノン」第3幕より(マスネ)
(6)ウェルテルよ,誰がいえましょうか(手紙の歌)~歌劇「ウェルテル」第3幕より(マスネ)
(7)トゥーレの王~歌劇「ファウスト」第3幕より(グノー)
 何と美しいこの姿(宝石の歌)~歌劇「ファウスト」第3幕より(グノー)

マリア・カラス(ソプラノ)

ジョルジュ・プレートル(指揮) パリ音楽院管弦楽団

【録音】1963年

マリア・カラス/スタジオ録音リマスター・エディション全集(69CD)からの2枚。紙ジャケ仕様で、外国語ではあるが写真入りの解説書も付属する。 

マリア・カラスの100歳の誕生日までにスタジオ録音の69枚セットのCDを一通り聴くと決めてから、ようやく佳境に入ってきた。この2枚の録音は、すでにマリア・カラス絶頂期からは明らかに声の衰えが見られるが、それを表現力や感情移入でカバーすることで、やはりマリア・カラスならではの見事な歌唱となっている。特に第1集の方は優れていると感じていて、こちらは、Testament Classicsが発売した180gの復刻重量盤LPも持っていて愛聴している。

2枚共に大歌手の凄みを感じられるというのは共通している。曲目も録音時点でしっかり歌えて破綻しないものが選ばれている。第1集では、カルメンのタイトルロールのアリアがあるが、後に録音された全曲盤を彷彿されるものである。

EMI時代に発売されたCDよりも明らかに音質が良くて、1枚あたり300円位であるというのが信じられない。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年11月10日 (金)

ベッリーニ 歌劇『ノルマ』/セラフィン、スカラ座、カラス他

Img_20231109_0001

マリア・カラス(ソプラノ:ノルマ)
フランコ・コレルリ(テノール:ポリオーネ)
クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ:アダルジーザ)
ニコラ・ザッカリア(バス:オロヴェーゾ)
ピエロ・デ・パルマ(テナー:フラヴィオ)
エッダ・ヴィンチェンツィ(ソプラノ:クロティルデ)

トゥリオ・セラフィン(指揮)
ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団

【録音】 1960年

 マリア・カラス/スタジオ録音リマスター・エディション全集(69CD)からの1組。紙ジャケ仕様で、外国語ではあるが写真入りの解説書も付属する。

トゥリオ・セラフィン指揮、スカラ座によるステレオ初期録音で、マリア・カラスのタイトルロール、フランコ・コレルリのポリオーネ、クリスタ・ルートヴィッヒのアダルジーザなどキャストにも恵まれて、録音されて半世紀経つが、いまだにこのオペラの録音の中で特別な存在である。このセットは英国初出盤で、ボックスに少し傷みがあるが、盤のコンディションはとても良く非常に快適に音楽が楽しめる。

音楽的に問題点もないわけではない。マリア・カラスは最盛期を過ぎて声が重くなっていたりする。しかし、声が重くなり力で押すようになった歌い方が、ノルマという役柄を感情移入たっぷりの状況に、さらに凄みが加わって、もはや唯一無二の何者にも代え難い記録となっている。マリア・カラスは、やはり史上最強の「ノルマ歌い」であったのは間違いない。

マリア・カラスには1954年のモノラルの『ノルマ』全曲のスタジオ録音盤もある。カラスの声は1954年盤の方が良いが、他の歌手の水準はこの1960年ステレオ盤の方が勝っているし、音質が違いすぎるので、私はステレオ盤の方を好む。評価は、『マンメルモールのルチア』のモノラル、ステレオ盤とは真逆だ。

スタジオ録音リマスター・エディション全集の方が、EMI時代に発売されたCDよりも明らかに音質が向上している。 

Dsc_0242_20231109154301

これは、手持ちの3枚組LP英国初出ステレオ盤。かなり希少だ。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年11月 7日 (火)

ドニゼッティ 歌劇『ランメルモールのルチア』/セラフィン、フィルハーモニア管. カラス他

Img_20231106_0001

マリア・カラス (ソプラノ)
フェルッチョ・タリアヴィーニ (テノール)
ピエロ・カプッチルリ (バリトン)
ベルナルド・ワディシュ (バス・バリトン)
レオナルド・デル・フェッロ (テノール)
マルガレータ・エルキンス (メゾ・ソプラノ)
レンツォ・カセッラート (バリトン)

トゥリオ・セラフィン (指揮)
フィルハーモニア合唱団 フィルハーモニア管弦楽団

【録音】1959年

マリア・カラス/スタジオ録音リマスター・エディション全集(69CD)から。紙ジャケ仕様で、外国語ではあるが写真入りの解説書も付属する。

このマリア・カラスのジャケットの顔写真は妖しい魅力があるが、音楽も同様だと思う。このステレオ録音で聴けるカラスのルチアは、大人の妖しい魅力に満ちたもので、これを聴くと1953年のモノラル録音のルチアはやや少女っぽい。ルチアの設定は少女なのでモノラル録音の方が正しいように思えるのではあるが、最大の聴きどころである第三幕の狂乱の場は、このステレオ盤では熟成された大人のルチアであり、これはこれで見事だ。

カラスの声は1957年以後は重くなってしまい、1953年のモノラル録音の全曲盤を聴くと、若さと声の輝きが素晴らしく、この録音は劣化した感じが聴こえないわけではない。エドガルド役のタリアヴィーニも、モノラル録音のステファノと比べると分が悪いし、カップッチルリのエンリーコは若すぎて、モノラル録音のゴッビの方がどう聴いても貫禄がある。

そんなわけで、ルチアに関しては、総合的にはモノラル録音の方が出来が良いと思うのだが、1953年と1959年の6年の差は録音技術の進歩はかなり大きかったといわざるを得ない。ワーナー・クラシックスのリマスター・エディション全集のCDは、以前のEMI時代に発売されていたCDよりも音質が良くなっていて聴きやすくなった。それでも、普段、ステレオ録音以降の音源しか聴いていない人には、1953年のモノラル録音のものは音楽の内容以前に音が悪すぎて聴き続けられないかも知れない。しかし、この1959年のステレオ盤はCDで聴いても音質に対しての不満は少ないと思う。

Dsc_0241_20231106112401

これは英国初版のバラ2枚組のLPだが、パリっとした濃い音が詰まっているような感じで、音質はかなり良く初期盤LP特有のノイズが若干あるが、CDの音質より鮮明である。


Img_20231106_0002

当時のEMIのオペラのリブレット これはレコードとは別売りだった。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年11月 3日 (金)

ポンキエッリ 歌劇『ラ・ジョコンダ』全曲/ヴォットー、スカラ座、カラス他

Img_20231102_0001

ジョコンダ/マリア・カラス(ソプラノ)
ラウラ・アドルノ/フィオレンツァ・コッソット(メゾ・ソプラノ)
ジョコンダの盲目の母親チエーカ/イレーネ・コンパネス(アルト)
裁判官アルヴィーセ・バドエロ/イーヴォ・ヴィンコ(バス)
若いジェノアの貴族エンツォ・グリマルド/ピエル・ミランダ・フェラーロ(テナー)
密偵バルナバ/ピエロ・カプッチッリ(バリトン)
ズアーネ/レオナルド・モンレアーレ(バス)
聖歌隊員及び水先案内人/カルロ・フォルティ(バス)
イセポ及び遠くの声/レナート・エルコラーニ(テナー)
第2の遠くの声/アルド・ビッフィ(バリトン)
バルナボット/ボナルド・ジャイオッティ(バス)

ミラノ・スカラ座管弦楽団及び合唱団
アントニーノ・ヴォットー(指揮)

【録音】1959年

マリア・カラス/スタジオ録音リマスター・エディション全集(69CD)から。紙ジャケ仕様で、外国語ではあるが写真入りの解説書も付属する。

『ラ・ジョコンダ』のタイトルロールは、マリア・カラスの十八番の役柄。1952年のトリオ歌劇場との全曲録音も良いが、この録音はステレオでありかなり音質が良いことも幸いして、とても素晴らしいものである。

ジョコンダという役は、最後は自殺する激しくも暗い悪女である。録音された1959年頃になると、1950年代半ば頃と比べて声がやや劣化し力ずくで歌う感じになるが、それがまた、この役の迫真に満ちた感じになって唯一無二のものになっている。この役をここまでの表現を持って歌える歌手は居ないと思う。カップッチルリやコッソットなど他の歌手も好演おり、全く不満はない。ヴェルディのマクベス夫人と同様に、激情に満ちた悪女のマリア・カラスは素晴らしい。

スタジオ録音リマスター・エディション全集(69CD)のCDの音質は良く、以前のEMI時代のCDよりも音質は向上している。


にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »