« 「その他のフォリア(1500~1750)」/サヴァール、エスペリオンXXI他(SACD/CD、通常CD) | トップページ | カバニリェス バターリャ、ティエントとパサカーリェ/サヴァール、エスペリオンXX »

2024年1月30日 (火)

人間の声 (Les Voix Humaines) / ジョルディ・サヴァール

Img_20240129_0001

第1組曲 : ニ短調
1. カール・フリードリヒ・アーベル : 前奏曲
2. J.S.バッハ : アルマンド (無伴奏チェロ組曲 第5番 BWV1011 より)
3. ヨハネス・シェンク : アリア・ブレスカ
4-5. ジョン・プレイフォード : 鐘、およびサラバンド

第2組曲 : ニ短調
6. ド・マシー : 前奏曲
7. マラン・マレ : 人間の声
8. ジャンバティスト・アントワーヌ・フォークレ : ラ・デュ・ヴ ォーセル
9. ゲオルク・フィリップ・テレマン : ヴィヴァーチェ
10. トバイアス・ヒューム : 聴け、聴け (音楽のヒューモア 第10番)]

第3組曲 : ハ長調
11. ルイ・ド・ケ・デルヴロワ : 嘆き
12-13. J.S.バッハ : メヌエット第1,2番とジグ (無伴奏チェロ組曲 第1番 BWV1007より)
14. トバイアス・ヒューム : グッド・アゲイン (音楽のヒューモア 第14番)]

第4組曲 : ホ短調
15. サント‐コロンブ・ル・フィス : 前奏曲
16. マラン・マレ : スペイン風サラバンド
17. 作者不詳 : ランカシャー・ パイプ]

第5組曲 : ト短調
18. サント‐コロンブ・ル・フィス : ロンドー形式のファンタジー
19-20. J.S.バッハ : サラバンドとドゥーブル (無伴奏 ヴァイオリンのためのパルティータ 第1番 BWV1002より)
21. J.S.バッハ : ブレ (無伴奏チェロ組曲 第4番 BWV1010より)]

ジョルディ・サヴァール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

【録音】1998年


これもALIA VOX初期の音源である。アーベル、J.S.バッハ、マレ、サント=コロンブをはじめとする17,18世紀の弦楽器作品から曲を選び、サヴァール自身が5つの組曲に再構成したもので、人間の声に近いヴィオラ・ダ・ガンバという楽器での独奏であり、非常にシンプルなもの。

ヴィオラ・ダ・ガンバの音色はチェロに近いが、チェロが4弦でフレットが無いのに対し、ヴィオラ・ダ・ガンバは6弦、ないし7弦でギターの様にフレットがありながら弓で擦って音を出す楽器である。素朴でありながら深い響きと感情に訴える。

この録音はCDのみが発売されただけでSACD/CDハイブリッド盤は無いと思う。すでに廃盤となってしまっているが、音質良く、いまだに生命力のある音源だ。


ユーチューブでは全曲無料で聴ける。ただし、CDをちゃんとしたCDプレーヤーでかけた音質はとても良く、ユーチューブは音質で劣る。


にほんブログ村

|

« 「その他のフォリア(1500~1750)」/サヴァール、エスペリオンXXI他(SACD/CD、通常CD) | トップページ | カバニリェス バターリャ、ティエントとパサカーリェ/サヴァール、エスペリオンXX »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「その他のフォリア(1500~1750)」/サヴァール、エスペリオンXXI他(SACD/CD、通常CD) | トップページ | カバニリェス バターリャ、ティエントとパサカーリェ/サヴァール、エスペリオンXX »