« TANGO ROYAL /Carel Kraayenhof (SACD/CD) | トップページ | ベートーヴェン ミサ・ソレムニス/サヴァール、ル・コンセール・デ・ナシオン他(SACD/CD) »

2024年1月16日 (火)

ヴィヴァルディ・アルバム/チェチーリア・バルトリ

Img_20240115_0001

1.「そよ風のささやきに」(Dell'aura al sussurrar)~歌劇≪テンペーのドリッラ≫ RV 709
2.「恐ろしい嵐のあとは」(Dopo un'orrida procella)~歌劇≪グリゼルダ≫ RV 718
3.「二つの瞳に真ささげて窶れゆくのは」(Di due rai languir Costante)RV 749
4.「何を言っているのかしら?…私は行こう、飛び行こう、叫ぼう」(Qual favellar? ... Andero, volero, gridero)~歌劇≪狂乱を装ったオルランド≫ RV 727
5.「ささやく春のそよ風よ」(Zeffiretti, che sussurrate)~歌劇≪テルモドンテに向かうヘラクレス≫ RV 710
6.「苦しめられる魂は」(Alma oppressa)~歌劇≪忠実なニンフ≫ RV 714
7.「言ってください、ああ」(Dite, Oime)~歌劇≪忠実なニンフ≫ RV 714
8.「不運な小舟は」~歌劇≪ジュスティーノ≫ RV 717
9.「運命よ,おまえは私を招いたが…私には胸中、それほどに強き心がある」(Sorte, che m'invitasti ... Ho nel petto un cor si forte)~歌劇≪ジュスティーノ≫ RV 717
10.「さまざまな愚かさのなかで…我われは凍る冷たい波間の船」(Tra le follie ... Siam navi all'onde algenti)~歌劇≪オリュンピアス≫ RV 725
11.「凍りついたようにあらゆる血管を」(Gelido in ogni vena)~歌劇≪ファルナーチェ≫ RV 711
12.「海もまた沈めようとするようだ」(Anch'il mar par che sommerga)~歌劇≪バヤゼット(ティムール) ≫ RV 703
13.「戦士のトランペット」(Di trombe guerriere)~歌劇≪テウッツォーネ≫ RV 736

チェチーリア・バルトリ(メゾ・ソプラノ)
アルノルト・シェーンベルク合唱団(合唱指揮:サイモン・シュウテン)
イル・ジャルディーノ・アルモニコ
ジョヴァンニ・アントニーニ(ブロックフレーテ)

【録音】1999年

これは、四半世紀近く前に発売されたCDで、当時の初出限定ハードカバーの装丁の輸入盤。この音源の180g重量盤LPが復刻されたのをタワーレコードのサイトを見て、注文するか迷った。https://tower.jp/item/6193812/ 2枚組で1万円を超える値段である。あまりにも高いので、CDで不満無く聴けるならLPレコードは買うまでもないと思い、改めて手持ちのCDを聴いてみた。CDでもかなり良い音質で、全く不満が無いのでLPレコードの注文は見送った。

チェチーリア・バルトリは当代のイタリア系のメゾソプラノの第一人者。この録音によって、ヴィヴァルディのオペラが再認識された。マリア・カラスがそれまで上演されなかったドニゼッティやベルリーニのオペラを復活復興させたのと同じような現象を起こしたCDでもある。

チェチーリア・バルトリは20歳代ながら1980年代後半にデビューCDが出てからずっと、この人のCDは出れば買うという状態が続いている。他にも良いCDがある。オペラを聴かない人にとっては全く興味の外のCDだろうが、私にとっては手放しで称賛出来る内容のものばかりだ。以下も初出限定のハードカバー装丁のCD。

Img_20240115_0002

Img_20240115_0003


にほんブログ村

|

« TANGO ROYAL /Carel Kraayenhof (SACD/CD) | トップページ | ベートーヴェン ミサ・ソレムニス/サヴァール、ル・コンセール・デ・ナシオン他(SACD/CD) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TANGO ROYAL /Carel Kraayenhof (SACD/CD) | トップページ | ベートーヴェン ミサ・ソレムニス/サヴァール、ル・コンセール・デ・ナシオン他(SACD/CD) »