« エリザベス王朝のコンソート音楽 1558-1603/サヴァール、エスペリオンXX | トップページ | J.S.バッハ 音楽の捧げもの/サヴァール、ル・コンセール・デ・ナシオン »

2024年2月13日 (火)

J.S.バッハ: ヴィオラ・ダ・ガンバソナタ集/サヴァール、コープマン

Img_20240212_0001

ソナタ 第4番 ハ長調 BWV529
ソナタ 第1番 ト長調 BWV1027
ソナタ 第2番 ニ長調 BWV1028
ソナタ 第3番 ト短調 BWV1029

ジョルディ・サヴァール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
トン・コープマン(チェンバロ)

【録音】2000年

1曲目のBWV529は、オルガンのために書かれたトリオ・ソナタを編曲したもの。BWV1027~9の3曲は、現代ではヴィオラ・ダ・ガンバではなくチェロで弾かれる事が多い。しかし、大バッハが想定したとおりの楽器で演奏されれば、チェロとは異なる本来の魅力が楽しめる。典雅でありながらガンバの深みのある音色とチェンバロの繊細な響きが溶け合ったもので、当時の演奏の響きが蘇るようだ。サヴァールは曲によって3種類のヴィオラ・ダ・ガンバを弾き使い分けている。

このCDも初期のALIA VOXの音源で、現在では廃盤になってしまっている。演奏が良くしかも音質はすこぶる優れたCDで、録音はニコラス・バルトロメが担当している。


にほんブログ村

|

« エリザベス王朝のコンソート音楽 1558-1603/サヴァール、エスペリオンXX | トップページ | J.S.バッハ 音楽の捧げもの/サヴァール、ル・コンセール・デ・ナシオン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エリザベス王朝のコンソート音楽 1558-1603/サヴァール、エスペリオンXX | トップページ | J.S.バッハ 音楽の捧げもの/サヴァール、ル・コンセール・デ・ナシオン »