« J.S.バッハ 音楽の捧げもの/サヴァール、ル・コンセール・デ・ナシオン | トップページ | モーツァルト 後期交響曲集/クーベリック、バイエルン放送響(SACD/CD) »

2024年2月20日 (火)

J.S.バッハ フーガの技法 /サヴァール、エスペリオンXX

Img_20240217_0001

通常CD

Img_20240217_0002

SACD/CDハイブリッド

Img_20240217_0003

フーガの技法(室内アンサンブル編)

エスペリオンXXのメンバー

ブルース・ディッキー(コルネット)
パオロ・グラッジ(オーボエ)
チャールス・トート(トロンボーン)
クラウデ・ワッスマー(バスーン)

ジョルディ・サヴァール(ソプラノ・ヴィオラ・ダ・ガンバ、指揮)
クリストフィー・コリン(アルト・ヴィオラ・ダ・ガンバ)
パオロ・パンドルフォ(バス・ヴィオラ・ダ・ガンバ)

 【録音】1986年(アナログ)

1986年のアナログ録音で、初出はASTREEレーベルから発売。CDだけでなくLPレコードでも販売され、今ではこのLPレコードはとんでもないプレミア価格となっている。ヤフー・オークションにも出ているのでリンクしておく。

 https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j1042105084

ALIA VOXから2001年頃発売された通常CDは、もちろん単独でも販売されていたが、前回ご紹介した「音楽の捧げもの」とセットになり以下のボックスに入れられて発売されていたバージョンもあった。

Img_20240217_0004

現在は通常CDは廃盤となり2004年に発売されたSACD/CDハイブリッド盤のみの販売が継続している。

古楽器の編成で、管楽器とビオラ・ダ・ガンバの響きが素晴らしい。曲によって管楽器だけあるいはビオラ・ダ・ガンバだけの編成の部分もあり変化に富み、聴き手を飽きさせない。

特筆すべきは音質が素晴らしく良い事。これが35年以上前の録音だとは到底思えない。


にほんブログ村

|

« J.S.バッハ 音楽の捧げもの/サヴァール、ル・コンセール・デ・ナシオン | トップページ | モーツァルト 後期交響曲集/クーベリック、バイエルン放送響(SACD/CD) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« J.S.バッハ 音楽の捧げもの/サヴァール、ル・コンセール・デ・ナシオン | トップページ | モーツァルト 後期交響曲集/クーベリック、バイエルン放送響(SACD/CD) »