« ホセ・マリン (1619-1699) 声楽作品集(人間の調べ)/フィゲーラス、リスレヴァン他 | トップページ | J.S.バッハ: ヴィオラ・ダ・ガンバソナタ集/サヴァール、コープマン »

2024年2月 9日 (金)

エリザベス王朝のコンソート音楽 1558-1603/サヴァール、エスペリオンXX

Img_20240206_0001

1-2.アルベルティ:アルベルティのパヴァン/ガイヤルド
3.作曲者不詳:5声のイン・ノミネ
4.ストロージャーズ:5声のイン・ノミネ第3番
5-7.作曲者不詳:デスペラーダ/ガイヤルド/アルマンド
8.ウッドコック:ブラウニング・マイ・ディアー
9.ホワイト:5声のイン・ノミネ第5番
10-12.作曲者不詳:ロンド/ラ・レプレーザ(ガイヤルド)
13-14.ウッドコック:5声のイン・ノミネ[第2番/第3番]
15-16.作曲者不詳:アッレマーナ・ダモール/舞曲
17.タヴァナー:鹿が泉を求めるように(6声)
18.デイマン:ディ・セイ・ソプラーニ
19-21.作曲者不詳:パヴァーヌ/ブランドベルジュ/ラ・レプレーザ
22.ストロージャーズ:6声のイン・ノミネ第3番
23.マンディ:おお、世界の母よ(5声)
24-26.作曲者不詳:パヴァン/ガイヤルド(舞曲)
27-29.パーソンズ:7声のイン・ノミネ[第4番/第5番]/トランペットと呼ばれる歌(6声)

【演奏】
ジョルディ・サヴァール(指揮)
エスペリオンXX

【録音】1997年

初期のALIA VOXレーベルの音源。エリザベス1世時代の音楽の再現だが、パヴァンやガイヤルドのようなダンス音楽、シャンソンやモテット、宗教的なテーマなど、声楽から何らかの形で派生した音楽、さらには様々な楽器のために書かれた対位法に基づいたような曲が散りばめられている。サヴァール/エスペリオンXXは、澄み渡った美しい響きで聴かせてくれる。心が洗われるような気分になる。

これも録音はニコラス・バルトロメが担当している。音質は非常に良いCDだ。


にほんブログ村

|

« ホセ・マリン (1619-1699) 声楽作品集(人間の調べ)/フィゲーラス、リスレヴァン他 | トップページ | J.S.バッハ: ヴィオラ・ダ・ガンバソナタ集/サヴァール、コープマン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホセ・マリン (1619-1699) 声楽作品集(人間の調べ)/フィゲーラス、リスレヴァン他 | トップページ | J.S.バッハ: ヴィオラ・ダ・ガンバソナタ集/サヴァール、コープマン »