« ストラヴィンスキー 兵士の物語/マルケヴィッチ、アンサンブル・ド・ソリスト(SACD/CD) | トップページ | バッハ&レーガー 無伴奏ヴァイオリン作品集/庄司紗矢香(SACDシングルレイヤー) »

2024年4月23日 (火)

バラード&バートン/アン・バートン(180g復刻重量盤)

Dsc_0243_20240422160001

限定復刻のアナログ・レコードとBlu-Spec CD2のCDを並べてみた。ジャケットも可能な限り当時のオリジナル盤に似せて作られており、E式ジャケット、PPコーティング仕様となっている。


Img_20240422_0001

オリジナルを彷彿させるレーベル


Side A
1.宵のひととき
2.トライ・リトル・テンダネス
3.バン・バン
4.サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー

Side B
1.いそしぎ
2.イット・ネネヴァー・エンタード・マイ・マインド
3.恋とよばれる悪魔
4.冷たい雨

アン・バートン(ヴォーカル)

ルイス・ヴァン・ダイク(ピアノ)
ジャック・ショールズ(ベース)
ジョン・エンゲルス(ドラムス)
ルディ・ブリンク(テナー・サックス)

【録音】1969年

2023年8月に限定発売になったLPレコード。ブログを書いた2024年4月現在でも注文可能である。国内のアナログレコードプレス工場は横浜の東洋化成の一社のみだったが、ソニー静岡工場にもアナログ・レコードのプレスのラインが出来た。このLPレコードはソニー静岡工場でプレスされたもの。重量盤で高音質を標榜していたが、実際に聴いてみて、我が家ではBlu-Spec CD2のCDより良い音質で聴ける。

アナログレコードではシンバルの音の倍音が自然であるが、Blu-SpecCD2のCDはアナログレコードを聴いた後だとシンバルの音が潰れたように聴こえてしまう。また、ボーカルの声の濃さやアルコで弾かれるベースの生々しさでもアナログが勝る。ピアノの音色や艶っぽい響きがアナログレコードの方が良い。音像の実在感はアナログレコードが勝る。プレスの質はとても良く、気になるノイズはほぼ皆無だった。


にほんブログ村

|

« ストラヴィンスキー 兵士の物語/マルケヴィッチ、アンサンブル・ド・ソリスト(SACD/CD) | トップページ | バッハ&レーガー 無伴奏ヴァイオリン作品集/庄司紗矢香(SACDシングルレイヤー) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ストラヴィンスキー 兵士の物語/マルケヴィッチ、アンサンブル・ド・ソリスト(SACD/CD) | トップページ | バッハ&レーガー 無伴奏ヴァイオリン作品集/庄司紗矢香(SACDシングルレイヤー) »