« モーツァルト 交響曲集/ヴァンデルノート、パリ音楽院o.(TOWER RECORDS Definition Series SACD/CD) | トップページ | ビゼー 管弦楽曲集他/マルケヴィッチ、ラムルー管弦楽団他 »

2024年4月 9日 (火)

リムスキー=コルサコフ シェエラザード/マルケヴィッチ、ロンドンso.(SACD/CD)

Img_20240408_0001

ニコライ・リムスキー=コルサコフ 
交響組曲《シェエラザード》*
スペイン奇想曲

エーリッヒ・グリューンベルク(Vn.)*

イーゴリ・マルケヴィッチ(指揮)
ロンドン交響楽団

【録音】1962年

タワーレコードがDECCA、DeucheGramophonなどの古いユニヴァーサル音源の名演奏をSACD化しているタワーレコード・ヴィンテージ・SACDコレクションからの1枚。

これはDECCAに吸収された旧PHILIPS音源である。イーゴリ・マルケヴィッチというと、ジャン・コクトーが語りとジャケットの絵を書いたストラヴィンスキーの「兵士の物語」が私の愛聴盤である。

ロシア人の血を受け継いでいるマルケヴィッチはロシア物を得意としていた。《シェエラザード》もスペイン奇想曲もロシアっぽい感じであるが、同時に派手になりすぎたり羽目を外すような感じがない節度も持ち合わせていて、明快なリズム感を持っている。隠れた名盤だと思う。

SACD層の音質は、1960年代初期のPHILIPS音源としては標準的で悪くない。しかしながら同時期のDECCAのアンセルメ/スイス・ロマンド管弦楽団の《シェエラザード》は、LPでもSACDでも音質が極めて良いので比べると聴き劣りするのは否めず、最新録音の圧倒的な鮮度の高いものでは無い。


にほんブログ村

|

« モーツァルト 交響曲集/ヴァンデルノート、パリ音楽院o.(TOWER RECORDS Definition Series SACD/CD) | トップページ | ビゼー 管弦楽曲集他/マルケヴィッチ、ラムルー管弦楽団他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モーツァルト 交響曲集/ヴァンデルノート、パリ音楽院o.(TOWER RECORDS Definition Series SACD/CD) | トップページ | ビゼー 管弦楽曲集他/マルケヴィッチ、ラムルー管弦楽団他 »